加藤友介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 友介 Football pictogram.svg
Yusuke Kato.jpg
名前
カタカナ カトウ ユウスケ
ラテン文字 KATO Yusuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-02-13) 1986年2月13日(35歳)
出身地 大阪府箕面市
身長 172cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム バングラデシュの旗 ムクチョッダ・サンサドKS
ポジション MF/FW
背番号 8
利き足
ユース
2005-2006 アルゼンチンの旗 CAウラカン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2009 アルゼンチンの旗 CAウラカン 15 (1)
2008 アルゼンチンの旗 デフェンソーレス・ベルグラーノ(loan) 13 (1)
2011 日本の旗 MIOびわこ草津 0 (0)
2012 インドの旗 デンポSC 4 (1)
2012 タイ王国の旗 BECテロ・サーサナFC 12 (2)
2013 タイ王国の旗 ナコーンラーチャシーマーFC 31 (14)
2014 タイ王国の旗 サムットソンクラームFC 24 (4)
2015 タイ王国の旗 BBCU FC 30 (14)
2016 タイ王国の旗 ウドーンターニーFC 9 (0)
2016 タイ王国の旗 アーントーンFC 5 (0)
2017 香港の旗 南華足球隊 8 (2)
2017 インドネシアの旗 グレシック・ユナイテッドFC
2018 モンゴル国の旗 FC墨田ウランバートル
2018 バングラデシュの旗 ムクチョッダ・サンサドKS
2019-2020 バングラデシュの旗 シェイクジャマル
2021- バングラデシュの旗 ムクチョッダ・サンサドKS
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

加藤 友介(かとう ゆうすけ、1986年2月13日 - )は大阪府出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダーフォワード

来歴[編集]

中学時代には地元のガンバ大阪ジュニアユースチームのセレクションを受けたが、合格はできなかった。中学2年生の夏休みにアルゼンチンCAウラカンのU-14チームに短期留学。2004年刀根山高校卒業後に、留学時代のツテでアルゼンチンへと渡り、ウラカンのU-18チームに所属する。

2005年にはU-20チームへと順調に昇格し、2006年10月に当時プリメーラB(2部リーグ)所属だったウラカンのトップチームに昇格。 2007年4月12日のタジェレス戦では決勝点をマークするなど、チームのプリメーラA(1部リーグ)復帰に貢献。 同年8月5日の2007-08シーズン開幕戦アルセナルFC戦で後半32分から途中出場。ボカ・ジュニアーズに在籍していた高原直泰以来となるアルゼンチン1部リーグでプレー経験のある日本人選手となった。2008-09シーズンはプリメーラC(3部リーグ)のデフェンソーレス・ベルグラーノにレンタル移籍していたが、給料未払いなどの問題があって退団し、2009年11月に日本に帰国した。

2009年12月、Jリーグベガルタ仙台の練習に参加するも、契約には至らず[1]、2011年よりJFLMIOびわこ草津に入団。

同年限りでMIOびわこ草津を退団し、翌2012年よりインドIリーグデンポSCに移籍した。

2012年、タイ・プレミアリーグ(1部)のBECテロ・サーサナFCに移籍。

2013年、タイ・ディヴィジョン1リーグ(2部)のナコーンラーチャシーマーFCに移籍すると、同リーグで得点ランキング7位タイの15得点を記録した。

2014年、タイ・プレミアリーグ(1部)のサムットソンクラームFCに2年契約で移籍したことが発表された[2]

2017年、プミポン国王死去によるタイの経済状況悪化により、香港プレミアリーグ南華足球隊へ移籍し、半年プレー[3]。その後、インドネシアのグレシック・ユナイテッドFCで半年プレーした[3]

2018年はモンゴルのFC墨田ウランバートルでトーナメント戦のみプレーする短期契約を結び[3]、シーズン残りをバングラデシュ・プレミアリーグのムクチョッダ・サンサドKSでプレー。

2019年からは同リーグのシェイク・ジャマル・ダンモンディ・クラブに在籍。

2021年に再びムクチョッダ・サンサドKSに復帰したが、開幕前にオーナーが権利を放棄したためキャプテンとして資金集めに奔走[4]。さらにクラウドファンディングも実施、結果的に開幕前までに年間運営費用の8割が補填された[5]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アルゼンチン帰りの加藤が練習参加…仙台”. スポーツ報知 (2009年12月9日). 2009年12月9日閲覧。
  2. ^ サムットソンクラームFC、加藤友介(ナコンラチャシマーFC)の獲得を発表!!”. Samurai×TPL (2013年12月4日). 2014年1月3日閲覧。
  3. ^ a b c Otsu, Kazutaka (2020年4月29日). “【アルゼンチン育ちの点取り屋】なぜ加藤友介はアジアで活躍出来るのか” (日本語). ドバイとタイを拠点に活動をするサッカーエージェント会社 GOAL Sports Agency. 2021年3月19日閲覧。
  4. ^ 熱狂求め7カ国でプレー 日本人サッカー選手―バングラ、資金難で奔走:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年3月19日閲覧。
  5. ^ なぜバングラデシュに? 35歳日本人がサッカークラブ“市民兵”の主将として必死にスポンサー集めをする理由(栗田シメイ)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2021年3月19日閲覧。
  6. ^ สวาทแคทจัดหนักเสริมแข้งปลาดิบเข้ารังรวดเดียว 3 คน(タイ語)swatcatfc.net 2012.12.11

外部リンク[編集]