加藤功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

加藤 功(かとう いさお、昭和17年(1942年8月9日 - )は日本実業家。元厚生省職員、環境庁職員。元米子商工会議所青年部代表理事[1]

元加藤商事会長加藤章の四男。元三井銀総合研究所社長加藤裕は長兄[2]

経歴[編集]

鳥取県米子市出身[2]。家業は建設資材卸売[1]

昭和40年(1965年東京農業大学農学部造園科卒業、同年厚生省国立公園局入省[2]。昭和48年(1973年徳島県出向[2]

昭和53年(1978年環境庁退職後、加藤商事勤務[2]。米子に帰った当初は家業の仕事を覚えること、父が病気がちであったことから父の秘書役をすることで一生懸命であった[1]

昭和59年(1984年)加藤ホームサービス代表取締役、昭和61年(1986年)加藤商事専務取締役に就任[2]

家族[編集]

加藤家[編集]

愛知県鳥取県米子市茶町・米子市万能町・米子市明治町・米子市祇園町

参考文献[編集]

  • 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 156頁)
  • 『私の交遊抄(下)』(編集 - 朝日新聞鳥取支局 1989年 95-102頁)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『私の交遊抄(下)』95頁
  2. ^ a b c d e f g h i 『鳥取県人名録』156頁

外部リンク[編集]