加藤公彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(かとう きみひこ、1929年 - 1987年)は日本推理作家東京都生まれ。[1][2]

来歴[編集]

1946年、北海道八雲高等学校卒業。1977年、探偵小説専門誌『幻影城』の第2回幻影城新人賞小説部門で「殺人・弥三郎節」が佳作となり掲載された(入選作なし、加藤以外の佳作は霜月信二郎辻蟻郎)。受賞時は青森市在住。[1]

幻影城新人賞の受賞者を中心に結成された「影の会」のメンバー。『幻影城』に掲載された作品は1編のみだが、のちに単行本を2冊刊行している。

作品リスト[編集]

幻影城
  • 殺人・弥三郎節 (No.27、1977年2月号) - 第2回幻影城新人賞 佳作
単行本
  • 殺人・津軽艶笑譚 (1983年7月、大観堂出版部)
  • 新選組殺人事件 (1990年4月、新人物往来社)ISBN 978-4404017109

脚注[編集]

  1. ^ a b 『幻影城』1977年2月号 p.9 参照
  2. ^ 『グイン・サーガ27巻 光の公女』あとがき 参照