加藤光男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 光男 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カトウ ミツオ
ラテン文字 KATO MITSUO
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-05-21) 1979年5月21日(42歳)
出身地 千葉県
監督歴
チーム
2021 タイ王国の旗 ネイビーFC
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

加藤 光男(かとう みつお、1979年5月21日 - )は、千葉県出身のサッカー指導者。父親は日本代表タイ代表などでGKコーチを務めた加藤好男

来歴[編集]

國學院久我山高校國學院大學でサッカー歴があるがプロのサッカー選手にはならず、大学卒業後に大手不動産会社に就職[1]。しかし後に退職してサッカー指導者の道に進み、早稲田大学ア式蹴球部やFELICE FC浦安のコーチを務める。

2012年、ヴィタヤ・ラオハクルに誘われ、タイチョンブリーFCのアシスタントコーチに就任[1]。父好男もGKコーチを務めており、親子でヴィタヤおよび和田昌裕両監督のもとで仕事をした。

2015年、和田が監督に就任した京都サンガF.C.の分析兼フィジカルコーチに就任[2]。2016年と2017年は分析担当スタッフを務めた。

2018年にタイに戻ってノーンブワ・ピッチャヤFCのコーチを務め、翌2019年はサムットプラーカーン・シティFCでコーチを務めた[3][4]

2019年1月28日、チョンブリー県で開催されたAFCプロフェッショナル・コーチング・ディプロマ英語版の講習会に参加。この講習会には他に村山哲也薛琦鉉金南一らが参加した[5]

2021年4月29日、タイ・リーグ2ネイビーFC監督に就任[6][3]。しかし、リーグ開幕から5試合で1分4敗と不振を極め、9月30日に辞任[7]

学歴[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]