加藤元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 元(かとう げん、1932年9月8日 - )は、神戸市出身の獣医師。 長年に亘り最先端の米国小動物獣医学教育を紹介。日本における小動物病院のレベル向上と継続教育を提唱。ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド(人と動物と自然を科学的に大切にする)の理念の普及と活動を推進。

人物・経歴[編集]

兵庫県立兵庫高等学校北海道大学獣医学部卒後、1956年神戸市立王子動物園の獣医師となり[1]1964年東京へ。一般的に獣医と言えば「馬のお医者さん」であった時代に、身近な犬や猫を診る獣医を目指しダクタリ動物病院を開業。

海外との交流にも積極的で、1973年カンザス州立大学をかわきりに、コロラド州立大学英語版カリフォルニア州立大学フロリダ州立大学客員教授を歴任、現在もコロラド州立大客員教授をつとめている。1987年全米動物病院協会英語版学術エクセル・アワード、1994年同協会学術ウォルサムアワード(動物福祉・動物愛護)を外国人として初めて受賞。2001年には日本動物病院福祉協会最高賞(JAHAアワード)を受賞している。

2001年の参院選に比例区から自由連合公認で立候補したが落選した。

北海道大学大学院獣医学研究科招聘教員(客員教授)[1]2008年より千葉科学大学客員教授[1]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 院長ご挨拶”. ダクタリ動物病院. 2017年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]