加藤二郎 (ドイツ文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 二郎(かとう じろう、1925年2月26日 - 2015年3月3日)は、ドイツ文学者、一橋大学名誉教授。

神奈川県生まれ。1951年東京帝国大学文学部独文科卒業。53年同大学院中退、54年明治学院大学講師、1961年電気通信大学助教授、1967年一橋大学社会学部助教授、70年教授、1988年定年退官、名誉教授、神奈川大学教授。95年退職。ロベルト・ムージルが専門で『特性のない男』を全訳した。叙従四位

翻訳[編集]

  • 『特性のない男』柳川成男,北野富志雄共訳「世界文学全集 第2集 第23 (ローベルト・ムシル)」河出書房新社 1964
  • ローベルト・ムシル『特性のない男』第3‐4 河出書房新社 1965‐66
  • ゴーロ・マン『歴史論』1‐2 宮野悦義共訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1972‐73
  • イェーシュ・ジュラ『プスタの民』法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1974
  • テオドール・ヘラー『治療教育学の基礎』菅修共訳 日本精神薄弱者愛護協会 1977
  • ヴォルフガング・シベルブシュ『鉄道旅行の歴史 十九世紀における空間と時間の工業化』法政大学出版局 1982
  • ウルリヒ・ホルストマン『人間怪物論 人間脱走の哲学の素描』法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1984
  • 『ムージル著作集』第1‐6巻「特性のない男」松籟社 1992‐95
  • アードルフ・フリゼー編『ムージル読本 別の人間を見出すための試み』早坂七緒赤司英一郎共訳 法政大学出版局 1994

参考[編集]