加藤万里子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 万里子
(かとう まりこ)
生誕 1953年[1]
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 天体物理学
研究機関 慶應義塾大学
出身校 立教大学
博士課程
指導教員
蓬茨霊運
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

加藤 万里子(かとう まりこ、1953年[1] - )は、日本天文学者理学博士慶應義塾大学理工学部外国語・総合教育教室教授[2]。専門は、天体物理学星の内部構造新星の質量放出理論、連星系の進化。

人物紹介[編集]

1976年立教大学理学部物理学科卒業、同大学大学院に進学。大学院では蓬茨霊運天文学を学び[3]、1978年立教大学大学院修士課程理学研究科原子物理学専攻修了[4]。博士課程でも修士課程から引き続き蓬茨に師事し[3]、1981立教大学大学院博士課程理学研究科原子物理学専攻修了[4]。同年理学博士号を授与される[4]。2016年現在慶應義塾大学理工学部教授。天文学教室(日吉)に所属している。なお、2007年3月からイタリア・パドバへ研究に出かけていたが、その後帰国し、2008年4月より慶應義塾大学にて活動を再開している。

夫も天文学者で[5]、間に娘が1人いる[5]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本の天文学者の系図 - 福江純公式サイト内のページ。
  2. ^ 教員プロフィール - 加藤 万里子 - 慶應義塾大学理工学部公式サイト内のページ。
  3. ^ a b 蓬茨霊運先生の思い出 - 慶應義塾大学天文学教室公式サイト内のページ。
  4. ^ a b c 論文リスト(英文) - 慶應義塾大学天文学教室公式サイト内のページ。
  5. ^ a b 科学する少女たちへ - 慶應義塾大学天文学教室公式サイト内のページ。

外部リンク[編集]