加藤タクヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かとう たくや
加藤 タクヤ
加藤タクヤ2.jpg
加藤タクヤ(ライブステージ)
生誕加藤卓也
(1972-05-02) 1972年5月2日(49歳)
日本の旗 日本愛知県名古屋市
職業デザイナータレントシンガーソングライターパーソナリティー実業家
団体
FULL METAL BOX Parade 代表
BSJプロジェクト総合プロデューサー
活動拠点愛知県名古屋市
身長171センチ[1]
体重65キロ
公式サイトhttp://kato-takuya.com
補足
加藤タクヤ(ライブハウスにて)
加藤タクヤ
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年12月18日 -
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年4月28日時点。
テンプレートを表示

加藤 タクヤ(かとう たくや、本名:加藤卓也、1972年5月2日 - )は、LOVE&PEACEをテーマとするデザイナータレントシンガーソングライターパーソナリティー実業家、音楽プロデューサー。現在、FULL METAL BOX Parade 代表、BSJプロジェクト総合プロデューサー。株式会社BSJ代表取締役愛知県名古屋市出身。O型[2]

概要[編集]

タレント役者を経てシルバーアクセサリー「T-KOO52 from FULL MEATAL BOX」のデザイナーとして活躍するミュージシャン[3]

エンターテイメントユニット「Pink.フラミンゴ」のメンバーで、アクセサリーブランド「T-KOO52」のプロデュース、アパレルブランド「Katie Parade」のデザイナーを務める。

2015年からは名古屋発、勝手に応援チアアイドルBSJプロデューサー、名古屋大須・万松寺にてBSJシアターを設立して現在、総支配人を務める。 2021年4月に大須観音に本拠地を移し、コロナ感染対策として様々な設備を備えた より広いシアターを設立。 名前を目に見えない敵に立ち向かうと言う意味を持つ、BSJシアターVANQUISH (ヴァンキッシュ)に変更した。 ここは名古屋Vロックの聖地、ライカエジソン名古屋の跡地ということもあり、名古屋に 新しいスポットを作りたいという思いが設立のきっかけとなった。

2021現在、タレント活動として、 冠番組加藤タクヤは感動したい!三重テレビ放送MC をはじめ、 こちら”勝手に応援”探偵社!ぎふチャン(岐阜放送)MCを務める。 また、大好きなクルマ、バイクなどのモータービークルを紹介する番組 モーターゾーンTVぎふチャン(岐阜放送)奈良テレビテレビ和歌山群馬テレビ をタレントの福田ちづると共にMCを務める。


またミュージシャンの淳士とロックアパレルブランドの「PISTONIZM」を主催。シルバーアクセサリーショップ「FULL METAL BOX NEVERLAND」の代表兼プロデューサーの顔ももつ。

タレント活動としては、MCを務める番組などで”名古屋勝手に応援番長”を名乗る。あべ静江とともに日本骨髄バンク公認、日本骨髄バンク応援ソング”すべての命(ひかり)へ”も歌う[4]

2020年、歌手の田村直美とユニット、N.A.T.Sを結成。 あいち骨髄バンクを支援する会公式応援ソング!ARE YOU HAPPY READY!? をリリース。売上の一部を骨髄バンクの活動に寄付。

略歴[編集]

1995年
  • 大学卒業後、萩本欽一プロデュース・ミュージカル「裸になったサラリーマン!」全国ツアーでデビュー
1997年
  • 単身渡米。アメリカ、ニューメキシコ州アルバカーキにてネイティブアメリカンから彫金技とスピリチュアル精神を学ぶ。
1998年
  • 学生時代アメリカ大陸クルマの旅で魅了されたアメリカへ。ニューメキシコ、エンキットレコード「QUERQES」リリース。
1999年
  • シルバーアクセサリーショップ、FULL METAL BOXを東京、恵比寿&名古屋、藤が丘に設立。久本雅美みうらじゅんのプロデュースでデビューしたエンターテインメントユニット、Pink.フラミンゴにボーカルとして加入。
2003年
2004年
  • アメリカLAリトルトーキョーでの紅白歌合戦にゲスト出演。紫綬褒章受章のハリウッドを代表するメイクアップアーティスト、カオリ・ナラ・ターナーの受賞式典にてオープニングアクトを務める。
2005年
  • 愛・地球博(愛知万博)開催中6ヶ月間、NHK名古屋『さらさらサラダ』愛知万博のオフィシャルパーソナリティとして3年間オンエア。NHKから感謝状を授与。
  • 愛知万博をPRする為に東京マラソンにも挑戦し完走。
2006年
  • ミュージカル『シンドバッドの大冒険』出演。
2008年
  • PINK・フラミンゴ1stアルバム「PINK魂」リリース(ALASKA RECORDS)
2009年
  • 親友の淳士と二人でLOVE&ROCKをテーマとしたロックアパレルブランド、PISTNIZMを立ち上げる。
  • FULL METAL BOX 10th Anniversary『FMB FES 009 in YOKOHAMA+NAGOYA』企画主催出演。
2010年
  • ファーストソロミニアルバム”そら”リリース(KHAOS NUMBER)
2013年
  • 自らが企画、立案したテレビ番組(スターキャットTV製作、毎日23:00~放送)『おすばん』がスタート。メインMCを務める。
  • 共演、名古屋発アイドル、OS☆Uがアシスタントを務める。
  • フリーペーパー【ぴあXSTARCAT】6月号『Hot Person』に登場[5]
2014年
  • FM愛知80.7『いわせとみきの金鯱塾』にて塾生として番組に参加。FM愛知80.7『ノリノリでいこうぜ!』光浦靖子HAKUEI(PENICILLIN)、平沼紀久が繰り広げるコント番組に名古屋応援番長として番組後半をナビゲート。
  • BSJシアター(名古屋大須の万松寺)にアイドル育成型の劇場が誕生。総支配人&トータルプロデューサーに就任。劇場から応援で世の中を元気にしたいというコンセプトのチアアイドルユニットがデビュー[5]
2015年
  • @FM毎週火曜日夜8時から新番組『勝手に応援!BSJ!』がスタートし、メインMCを務める[6]
2016年
  • あいち骨髄バンクを支援する会を応援し、日本骨髄バンク公認ソング”すべての命(ひかり)へ”をうたう。
2017年
  • 三重テレビ放送にて勝手に応援バラエティ”ダレヤネン”スタート。メインMC就任。
  • 名古屋おもてなし武将隊、初代豊臣秀吉の俳優、宮田大樹とのコラボユニット、名古屋グルメとしても活動(翌年に岐阜放送(ぎふチャン)に放送エリアが拡大)
2020年
  • 自身がプロデュースする「BSJプロジェクト」が、『2020年ご当地アイドル肩書きランキングBEST20』で第6位に選ばれる[7]

人物[編集]

デビューのきっかけは萩本欽一プロデュースの舞台オーディションに合格したことから[8]

長所は人懐っこい、誰とでもすぐ打ち解ける、明るい[8]

資格

普通自動車免許大型二輪免許小型特殊船舶[1]

特技

装飾デザインシルバーアクセサリーデザインギター[1]

趣味

バイク[1]

作品[編集]

2008年
  • PINK・フラミンゴ1stアルバム「PINK魂」リリース(ALASKA RECORDS)
2010年
  • ファーストソロミニアルバム”そら”リリース(KHAOS NUMBER)
2014年
  • 愛知県瀬戸市のご当地ヒーロー”陶神オリバー”主題歌『Wings Of Victory』をプロデュース - 作詞作曲。自ら歌う。
2017年
  • あべ静江太田美知彦とのBSJと加藤タクヤで結成した”骨髄バンク命(ひかり)応援団での共作曲『すべての命(ひかり)へ』(作詞:太田美知彦、あべ静江、加藤タクヤ / 作曲:太田美知彦)をリリース。この曲は日本骨髄バンク公認骨髄バンク応援イメージソングとして収益のすべてを骨髄バンクへ寄付している。
  • 愛知県知事である大村秀章氏をイメージしたゆるキャラ”ひでっち”をPRするための曲、『ひでっち体操』をプロデュース。作詞、作曲、振付を担当。
2019年
  • BSJプロジェクト名義で、女子プロサッカーチーム“NGUラブリッジ名古屋”の公式応援ソング!"ファイトっ!”リリース!

レギュラー[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • ティーズコンシェル
  • くねくねラーメン

単発・過去レギュラー[編集]

TV[編集]

ラジオ[編集]

  • ノリノリで行こうぜ(FM Aichi) - 光浦靖子HAKUEI平沼紀久、名古屋応援番長として出演 ※レギュラー
  • いわせとみきの金鯱塾(FM Aichi) - 小鹿みき、塾生として出演 ※レギュラー
  • 勝手に応援!BSJ!(@FM、毎週火曜日夜8時オンエア、2015年~2020年8月 )[10] - メインMC&企画、総合プロデュース

映画[編集]

  • SHA-CHI-HO-KO(黒沢清監督、2003年公開) - ゆうばりファンタスティック映画際大賞受賞作品 TAKUYA 役(主演
  • 愛知県瀬戸市のご当地ヒーロー”陶神オリバー”ショートムービー - ヒロインのお父さん役で出演。

舞台[編集]

  • 萩本欽一氏プロデュース ミュージカル「裸になったサラリーマン!」(1997年)- 阪本役
  • ミュージカル『シンドバッドの大冒険』出演(2006年

写真集[編集]

イベント[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]