加藤ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「加藤僘」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

加藤 僘(かとう ひろし、明治44年(1911年3月21日 - 没年不明)は日本実業家

兄は元加藤商事社長加藤章

経歴[編集]

鳥取県米子市出身。愛知県・豊吉の次男[1]。父豊吉は米子にやって来て煉瓦土管セメント屋になり、鉄道工事建設の資材を納める仕事を始めた[2]

昭和10年(1935年東大政治学科卒業[1]安田保善社に入り安田火災海上より昭和15年(1940年住友金属工業に転じ燃料資材各課長[1]、製鋼所業務部長[1]、航空機器事業部営業部長[1]参与、調査役を経て昭和34年(1959年)9月住友鋼材工業監査役[1]、11月大阪チタニウム製造取締役営業部長[1]

其間小倉汽船・尼崎製氷冷蔵各取締役[1]、柏原機械製作所・日東産業・大塚鉄工所・三和金属各監査役を歴任[1]

人物像[編集]

趣味は洋楽ゴルフ[1]宗教禅宗[1]。住所は大阪府豊中市[1]鳥取県米子市在籍[1]

家族・親族[編集]

加藤家[編集]

愛知県鳥取県米子市茶町・米子市万能町・米子市明治町・米子市祇園町大阪府豊中市[1]

  • 妻・三枝子[1]
大正3年(1914年)8月生[1]〜没

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 第廿一版 人事興信録 昭和36年(1961年)、か二一
  2. ^ 『米子経済九十年の歩み』224頁