加茂港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加茂港
Nkamoaquarium.JPG
加茂水族館と加茂港
所在地
日本の旗 日本
所在地 山形県鶴岡市
詳細
管理者 山形県
種類 地方港湾
統計
統計年度 2015年度
発着数 82隻(10,596総トン)[1]
旅客数 43人[2]
公式サイト 山形県

加茂港(かもこう)は、山形県鶴岡市にある地方港湾である。

概要[編集]

加茂港は、庄内藩鶴ヶ岡城から最も近い海岸にあり、湾状になった天然の良港である。江戸時代北前船が行き交う上方文化の入口であり、ここから飛島に島役人が派遣されるなど庄内藩の沿岸警備の拠点でもあった。また、加茂海岸は、庄内藩士の精神修養の場として海釣りが盛んに行われた地であり、魚拓発祥の地といわれる。

明治時代になると、酒田港から新潟港に向かう蒸気船が寄港し、鶴岡の玄関口となった時期もあったが、羽越本線の開通と共に衰退した。今は、長屋作りの昔ながらの街並みが残された風情ある漁港のようであり、港の片隅に残る寺社の寄進物に、往時の繁栄を偲ぶことが出来る。

現在、加茂港には、山形県水産試験場、山形県唯一の水産高等学校である山形県立加茂水産高等学校があり、さらにその横には山形県唯一の水族館で、世界最大のクラゲ展示施設である鶴岡市立加茂水族館がある。また、加茂レインボービーチという人工の海水浴場があり、海水浴や磯釣りの場として利用されている。

加茂港は、山形県水産試験場保有の船舶、最上丸の係留港となっており、最大の埠頭である浜町埠頭(700トン級)に停泊している姿が良く見られる。

2015年度の発着数は82隻(10,596総トン)[1]、利用客数は43人(乗込人員16人、上陸人員27人)である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第1表
  2. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第2表

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯38度45分46秒 東経139度44分0秒