加福善貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加福義貞(かふく よしさだ、1945年(昭和20年)9月20日 - )は、日本の銀行家。青森銀行取締役相談役。青森県公安委員会委員。

人物[編集]

青森県弘前市出身。明大卒業後、青森銀行に入行する。

28歳からは7年間にわたり労働組合に従事。その間には委員長も務めた[1]。  各店支店長等を歴任後、取締役に昇格する。

2007年(平成19年)には、「新中期経営計画」の遂行に際して、新体制で臨むことが最適であると判断され頭取に昇格する[2]

トップ在任時には、店舗統廃合を実施を推進した他、農業や青森県外を含め営業拡大に注力した[3]

略歴[編集]

  • 青森県立弘前高等学校卒業[4]
  • 1969年(昭和44年) -明治大学政治経済学部卒業後、青森銀行入行。
    • 以降、石堂支店長、営業推進部長、東京支店長等を歴任する。
  • 1999年(平成11年)- 取締役八戸支店長委嘱。
  • 2000年(平成12年)- 取締役総合企画部長委嘱。
  • 2002年(平成14年)- 常務取締役。
  • 2005年(平成17年)- 専務取締役。
  • 2007年(平成19年)- 代表取締役頭取。
  • 2011年(平成23年)- 代表取締役会長。
  • 2015年(平成27年)- 取締役相談役。

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 2007年4月24日
  2. ^ 日本経済新聞 2007年2月28日
  3. ^ “青森銀頭取に浜谷氏 仙台・首都圏で融資拡大”. 日本経済新聞. (2011年1月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB27080_X20C11A1L11000/ 2014年6月20日閲覧。 
  4. ^ “スポットライト”. 東奥日報. (2009年1月7日). http://www.toonippo.co.jp/kikaku/aomorinow/2009/0117c.html 2013年9月19日閲覧。