加治屋勝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加治屋 勝子
(かじや かつこ)
居住 日本の旗 日本
研究分野 農芸化学
研究機関 山口大学
出身校 西九州大学家政学部卒業
静岡県立大学大学院
生活健康科学研究科
博士課程修了
博士課程
指導教員
中山勉
主な受賞歴 はばたき賞2002年
プロジェクト:人物伝

加治屋 勝子(かじや かつこ)は、日本の農芸化学者、管理栄養士学位博士(食品栄養科学)静岡県立大学2004年)。山口大学大学院医学系研究科助教

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1990年代に、生活改良普及員、栄養士衛生検査技師などの資格を取得し、1999年には管理栄養士免許を取得した。また、全国栄養士養成施設協会会長賞を受賞している。1999年に、西九州大学家政学部食物栄養学科を卒業した。

その後、静岡県立大学の大学院に進み、生活健康科学研究科食品栄養科学専攻の博士課程にて学んだ。同専攻では、農芸化学者の中山勉に師事。その間に、BBB論文賞を受賞した[1][2][3]。研究成果を学位論文『植物ポリフェノールと脂質二重層との相互作用』に纏め、「博士(食品栄養科学)」の学位を取得し、博士課程を修了した[4]。また、在院中の業績が評価され、静岡県立大学よりはばたき賞が授与されている[5]

山口にて[編集]

山口大学に採用され、医学部医学科にて助手として奉職。担当は、器官制御医科学講座分子細胞生理学。その後、山口大学の大学院にて医学系研究科の助教となった。担当は、応用医工学系生体機能分子制御学。その間に、Young Investigator Award、日本生理学会中国四国地方会奨励賞などを受賞した[3]

略歴[編集]

  • 1999年 - 西九州大学家政学部卒業。
  • 2004年 - 静岡県立大学大学院生活健康科学研究科博士課程修了。
  • 2004年 - 山口大学医学部助手。
  • 2007年 - 山口大学大学院医学系研究科助教。

賞歴[編集]

  • 1999年 - 全国栄養士養成施設協会会長賞。
  • 2002年 - Award for Excellece to Authors Publishing in Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry。
  • 2002年 - はばたき賞。
  • 2005年 - Young Investigator Award。
  • 2007年 - 若手研究発表最優秀賞。
  • 2008年 - 農芸化学研究企画賞。
  • 2008年 - 日本生理学会中国四国地方会奨励賞。

脚注[編集]

  1. ^ 「2001年B.B.B.論文賞論文」『BBB論文賞 | 社団法人 日本農芸化学会』日本農芸化学会。
  2. ^ 「日本農芸化学会論文賞を受賞」『はばたき』82巻、静岡県立大学広報委員会2002年6月21日、16頁。
  3. ^ a b 「加治屋勝子(かじやかつこ)」『加治屋勝子山口大学大学院医学系研究科応用医工学系学域生体機能分子制御学分野
  4. ^ 静岡県立大学博士学位論文』6頁。
  5. ^ 「『はばたき賞』が贈られる」『はばたき』84巻、静岡県立大学広報委員会2002年11月29日、9頁。

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]