加守田章二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遠野市の陶房跡(左が窯場、右が住宅)
遠野市の旧居

加守田 章二(かもだ しょうじ[1]1933年4月16日 - 1983年2月26日)は日本陶芸家である。

大阪府岸和田市出身。大阪府立岸和田高等学校を経て、1952年に京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)工芸科陶磁器専攻に入学。富本憲吉らの指導を受け、1956年に卒業。大学卒業後、日立製作所傘下の大甕陶苑に入り、主に顧客への贈答品の制作にあたった。実習の際に栃木県益子町を訪れ、各家が窯を持っていることを知り憧れを寄せた。1958年に益子の塚本製陶所の研究生となったが、翌年に独立する。

1959年から益子町で、1968年から岩手県遠野市で作陶を行った。1960年に結婚しているが、益子に妻子を残し、遠野へは弟子のみを連れていき制作に打ち込んでいた。1961年日本伝統工芸展に初入選。1966年に日本陶磁協会賞、1967年高村光太郎賞1974年芸術選奨文部大臣賞を受賞。1979年東京都東久留米市に移る。1980年より体調を崩し、1981年から入院療養したが、1983年白血病のため死去した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 加守田 章二 - 黒田陶苑
  2. ^ 加守田章二と栗木達介展 - 敦井美術館

参考文献[編集]