加古川市立加古川図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Library) w.svg 加古川市立加古川図書館
Kakogawa-City-Library-1.jpg
施設情報
正式名称 加古川市立加古川図書館
前身 加古川公会堂(建物)[1]
専門分野 総合
事業主体 加古川市
建物設計 置塩章[1]
開館 1971年昭和46年)4月1日
所在地 675-0038
兵庫県加古川市加古川町木村226-1
位置 北緯34度45分46秒 東経134度50分9秒 / 北緯34.76278度 東経134.83583度 / 34.76278; 134.83583座標: 北緯34度45分46秒 東経134度50分9秒 / 北緯34.76278度 東経134.83583度 / 34.76278; 134.83583
ISIL JP-1002347
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示
玄関まわり(旧・加古川公会堂)

加古川市立加古川図書館(かこがわしりつかこがわとしょかん)は、兵庫県加古川市加古川町木村にある図書館[1]

概要[編集]

加古川市には、当図書館をはじめ、中央図書館ウェルネスパーク図書館海洋文化センター図書館の4つの図書館がある。

当図書館は、その中でも建物の歴史は最も古く、貴重な歴史的建造物でもある。 元は加古川町公会堂として利用されていたものである[1]。完成当時は、演劇や各種講演会などがしばしば開かれた文化の中心的存在であった。特にアールデコ風の幾何学模様にデザインされたステンドグラスの大アーチ窓と、側面の連続アーチ窓やスクラッチタイル張りの1階正面部分などが珍しい。昭和初期に加古川町役場と加古川小学校の近代建築が近くに建てられたが、いずれも現在は取り壊されており、当公会堂が残るのみである。建物は平成20年度の県の景観形成重要建造物に指定された。また、三島由紀夫が、徴兵検査を受けた場所として知られており、建物の横の松の木のそばで受けたとされ、今も残っている。

平成27年11月1日から播磨圏域連携中枢都市圏の7市8町にある図書館で相互利用が出来るようになった[広報 1][2][3][広報 2][4][広報 3][注釈 1]。この圏域在住者で利用には別途、利用券が必要。

歴史[編集]

建築概要[編集]

交通アクセス[編集]

開館時間[編集]

  • 月~土曜日:午前10時~午後8時
  • 日曜・祝休日:午前10時~午後6時
  • 休館日:第2、第4月曜日(祝休日と重なるときは開館し、翌日が休館となる)、年末年始および資料整理期間(5月頃に14日以内)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 相生市立図書館・加古川市立中央図書館・加古川図書館・加古川ウェルネス図書館・加古川海洋文化センター図書室・高砂市立図書館・加西市立図書館・宍粟市立図書館と、ちくさ図書館及び各図書室・たつの市立龍野図書館・たつの市立新宮図書館・たつの市立揖保川図書館・たつの市立御津図書館・姫路市立図書館および各分館・稲美町立図書館・播磨町立図書館・いちかわ図書館・福崎町立図書館・神河町立中央公民館図書室・神河町立神崎公民館図書室・太子町立図書館・上郡町立図書館・佐用町立図書館が対象となっている。

出典[編集]

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

外部リンク[編集]