加世田哲彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加世田 哲彦
生誕 1897年明治30年)11月11日
日本の旗 日本鹿児島県
死没 1971年昭和46年)7月25日
所属組織 日本海軍
軍歴 1920年大正9年) - 1935年(昭和10年)
最終階級 海軍中佐
テンプレートを表示

加世田 哲彦(かせだ てつひこ、1897年明治30年)11月11日 - 1971年昭和46年)7月25日)は、日本海軍軍人。成績優秀な将校であったが、神政龍神会の結成にかかわり、不敬罪に問われ失官となる。最終階級は海軍中佐

来歴[編集]

鹿児島県出身。鹿児島二中より海軍兵学校47期に首席入校。在学中も学術優等章を二度授与され、次席・恩賜で卒業した[1]。同期生に光延東洋横山一郎城英一郎などがいる。

1920年大正9年)少尉任官。尉官時代は霞ヶ浦海軍航空隊附としてセンピル教育団に関わり[2]第一遣外艦隊参謀、練習艦隊副官、戦艦長門」分隊長、財部彪副官などを歴任。1930年(昭和5年)12月1日 海軍少佐へ進級し海軍大学校甲種30期へ進む。同期生には山本親雄大石保長澤浩など、太平洋戦争大佐少将として要職を務める人物たちがいる。

卒業後、第二遣外艦隊参謀、旅順要港部参謀、軍令部員などの公的役職を歴任する一方で、1934年(昭和9年)には神政龍神会の結成に参加。1935年(昭和10年)11月、中佐に進級したが2月後には予備役編入となった。

1937年(昭和12年)に不敬罪で懲役2年、執行猶予3年の判決を受け、加世田は失官した[3]1944年(昭和19年)に再び検挙された。

出典[編集]

  1. ^ 『海軍兵学校沿革』
  2. ^ 『傭聘解約及帰国(5)』
  3. ^ 『日本陸海軍総合辞典』「主要陸海軍人の履歴 - 加世田哲彦」

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター「傭聘解約及帰国(5)」(ref:C08050775400 )
  • 外山操編『 陸海軍将官人事 海軍篇』芙蓉書房出版 ISBN 4-8295-0003-4
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合辞典』 東京大学出版会
  • 明治百年史叢書第74巻『海軍兵学校沿革』 原書房