劉連仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
劉連仁
プロフィール
出生: 1913年
死去: 2000年9月2日
出身地: 山東省高密市
職業: 強制連行体験者
各種表記
簡体字 刘连仁
拼音 Liú Liánrén
和名表記: りゅう・れんじん
発音転記: リュウ・リェンレン
ラテン字 Liu Lianren
テンプレートを表示

劉 連仁〈聯仁〉(りゅう れんじん 、1913年 - 2000年9月2日) は、現在の中華人民共和国山東省高密市生まれの華人労務者

山東省の故郷に家族と共に暮らしていたが、1944年9月、大東亜省によって華人労務者として雇用され、北海道雨竜郡沼田町明治鉱業昭和鉱業所へ炭鉱労働者として送り込まれた。 1945年7月、仲間の労働者4人と共に脱走を図る。直後に仲間は次々と脱落していったが、以後13年間、ただ一人終戦を知らないまま山中を逃避行し続けた。

1958年2月8日当別町の山中で穴ぐらの中に潜んでいる姿を農民が発見、保護された。その後、故郷へ帰国。

1996年東京地裁強制連行であったとして日本国を相手取り提訴したが、2000年、判決を聞かないまま本人が死去。裁判は劉の息子を原告として継続され、2001年に地裁では勝訴するが、日本 国は控訴。

2005年東京高裁は訴えを棄却。

関連文献・資料[編集]

関連項目[編集]

  • 中村輝夫(漢名李光輝、本名スニオン) - 第2次世界大戦時、日本兵としてインドネシアに派遣され、終戦を知らずにジャングルの中で31年生活し1974年発見された。台湾人日本兵#歴史的背景参照。