劉逢禄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劉 逢禄(りゅう ほうろく、1776年 - 1829年)は、中国代の儒学者申受、または申甫。号は思誤居士。常州府武進県の出身。

略歴[編集]

荘存与の外孫にあたる。荘存与の甥の荘述祖に師事した。39歳で進士となり、長期にわたって礼部に在職し、事を決定するときには経書を引用したことから、当時の人から董仲舒の風があると評された。

劉逢禄の学問の中心は春秋公羊学で、常州学派の中心となった。著名な弟子には龔自珍魏源がおり、いずれも清末の思想と情勢に大きな影響を与えた。

著作[編集]

  • 『劉礼部集』
  • 『春秋公羊経何氏釈例』
  • 『発墨守評』
  • 『箴膏肓評』
  • 『申穀梁廃疾』