劉賈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
姓名 劉賈
時代 前漢時代
生没年 生年不詳 - 前196年漢太祖11年)
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 沛県豊邑中陽里
職官 将軍〔前漢〕
爵位・号等 荊王〔前漢〕
陣営・所属等 劉邦
家族・一族 一族:劉太公〔従父〕 劉伯〔従兄弟〕

劉喜〔従兄弟〕 劉邦〔従兄弟〕

劉 賈(りゅう か、? - 紀元前196年)は、末から前漢初期にかけての武将。劉邦(高祖)の従兄弟。王に封じられた。

概略[編集]

楚漢戦争期に、盧綰と共に昌邑で彭越に合流した。間もなく彭越の指示で楚軍の補給基地を襲撃し、成功している。また、項羽配下の大司馬周殷を説得し、帰順させて漢軍に加えた。

紀元前201年韓信が謀反の罪で失脚した後、劉邦はその領土を南北に分割し、南部を荊国、北部を楚国と定めた。そして劉賈を荊王に、劉邦の異母弟劉交を楚王に封じた。

紀元前196年秋、淮南王・英布が反乱を起こした際に、軍勢を率いてこれと交戦し、敗死した。

彼には嗣子がなかったため、英布討伐に参戦した従子の劉濞王に封じられて、劉賈の後を継ぐ形となった。