劉詩ブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
劉詩ウェンから転送)
移動先: 案内検索
本来の表記は「劉詩」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
劉 詩文 Table tennis pictogram.svg
Mondial Ping -Women's Singles - Quarterfinal - Melek Hu-Liu Shiwen - 09.jpg
2013年世界選手権準々決勝の劉詩文
基本情報
よみがな りゅう しうぇん
ラテン語表記 Liu Shiwen
生年月日 (1991-04-12) 1991年4月12日(26歳)
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
出身地 遼寧省
性別 女性
選手情報
最高世界ランク 1位
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット 劉詩ブン
フォア面ラバー 国狂NEO3ブルースポンジ
バック面ラバー 国狂NEO3(50号スポンジ
戦型 ドライブ主戦型
受賞
 
獲得メダル
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 女子団体
世界卓球選手権
2009 横浜 女子シングルス
2010 モスクワ 女子団体
2011 ロッテルダム 女子シングルス
2012 ドルトムント 女子団体
2013 パリ 女子シングルス
2013 パリ 女子ダブルス
2014 東京 女子団体
2015 蘇州 女子シングルス
2015 蘇州 女子ダブルス
2016 クアラルンプール 女子団体
2017 デュッセルドルフ 女子シングルス
2017 デュッセルドルフ 女子ダブルス
ワールドカップ
2009 広州 女子シングルス
2009 広州 女子団体
2010 クアラルンプール 女子団体
2012 黃石 女子シングルス
2013 神戸市 女子シングルス
2013 神戸市 女子団体
2015 仙台市 女子シングルス
2015 仙台市 女子団体
■テンプレート■ノート ■解説プロジェクト:卓球

劉 詩雯(りゅう しうぇん、英語: Liu Shiwen 1991年4月12日- )は中国遼寧省出身の卓球選手。

経歴[編集]

2004年に神戸市で行われた世界ジュニア卓球選手権では女子シングルスは準優勝に終わったものの女子ダブルス、混合ダブルス、団体で優勝した。2009年の世界選手権横浜大会では女子シングルスでベスト4に入った。同年10月のワールドカップで優勝、ITTFプロツアーでも好成績を重ねて2010年1月3日に発表された世界ランキングで1位となった。2010年の世界選手権モスクワ大会では張怡寧の抜けた中国代表のエースとして団体戦9連覇を期待されたが決勝のシンガポール戦で王越古馮天薇に敗れて優勝を逃した[1]

2016年の第53回世界卓球選手権団体戦李暁霞丁寧とともに優勝、同年のリオデジャネイロオリンピックでは世界ランク1位であるものの、団体戦のみの出場となり[2]、李暁霞、丁寧とともに金メダルを獲得した。

人物[編集]

福原愛とは仲が良く、しばしば背比べを行い、お互いに自分の方が背が高いと主張している[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 信じられない女子決勝。中国、シンガポールに敗れる!!”. ミズノ (2010年5月30日). 2010年6月5日閲覧。
  2. ^ 【卓球】平野早矢香さんが説く打倒中国の3か条”. 報知新聞 (2016年5月28日). 2016年8月17日閲覧。
  3. ^ 中国卓球チームに愛され続ける福原愛”. レコードチャイナ (2016年8月10日). 2016年8月17日閲覧。

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]