劉訓兜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劉 訓兜(りゅう くんとう)は、西晋時代の匈奴鉄弗部の族長。右賢王去卑の子で、の初代皇帝赫連勃勃の高祖父。別名は誥升爰[1]誥什爰とも[2])。

272年、去卑の孫の北部帥劉猛が死ぬと、子の劉副侖は拓跋部に奔走した。訓兜はその南の部落を統率して、子の劉虎の代に「鉄弗」と名付けられる部衆を作り上げた。309年に死去すると、子の劉虎が部衆の後を継いだ。

419年、玄孫の劉勃勃(赫連勃勃)が訓兜を元皇帝と追尊した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『魏書』列伝第八十三「鉄弗劉虎」
  2. ^ 『十六国春秋』(屠喬孫・項琳・四庫全書本)
  3. ^ 『晋書』「赫連勃勃」巻130

参考文献[編集]

  • 晋書』「赫連勃勃」巻130
  • 魏書』列伝第八十三「鉄弗劉虎」
先代:
鉄弗部の大人
? - 309年
次代:
劉虎