劉精松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
劉精松
プロフィール
出生: 1933年
出身地: 中華民国の旗 中華民国湖北省荊州市石首市
職業: 軍人
各種表記
繁体字 劉精松
簡体字 刘精松
和名表記: りゅう せいしょう
テンプレートを表示

劉精松(りゅう せいしょう、1933年 - )は中華人民共和国の軍人。上将。

概要[編集]

1933年湖北省荊州市石首市生まれ。軍歴を重ね上将(大将)。蘭州軍区司令員、瀋陽軍区司令員、軍事科学院院長など軍重職を歴任した。国際政治、軍事、経済、歴史、地理、哲学などに関して多数の著書がある。

来歴[編集]

  • 1933年 湖北省に生まれる。
  • 1951年7月 参加中国人民解放軍
  • 1954年2月 中国共産党に参加
  • 1951年7月 中央党校大学に参学
  • 1951年7月 参軍、第7歩兵学校学員
  • 1956年8月 団高砲連連長
  • 1965年11月 陸軍高砲団副参謀長
  • 1966年8月 陸軍高砲団参謀長
  • 1969年10月 陸軍高砲団副団長
  • 1971年5月 陸軍軍教導隊隊長
  • 1977年1月 陸軍師参謀長
  • 1978年10月 陸軍師副師長
  • 1980年6月 陸軍師長
  • 1983年5月 陸軍軍長
  • 1985年6月 瀋陽軍区司令員、党委副書記
  • 1988年 中将
  • 1992年11月 蘭州軍区司令員
  • 1994年 上将
  • 1997年11月 中国人民解放軍軍事科学院院長
  • 1997年11月 党委書記
  • 1998年12月 退役

著書[編集]

  • 新时期军事实践与思考
  • 当代世界军事和中国国防
  • 跨世纪国防建设
  • 军队基层管理教育概要
  • 高技术条件下战区联合战役法及指挥要决
  • 着力提高院校教学质量,培养跨世纪建军人才
  • 高科技产业与高科技战争
  • 精兵才能发展才能胜利
  • 着眼打赢高技术局部战争,全面加强部队质量建设
  • 论高技术条件下抗敌局部入侵联合战役战法要则
  • 关于局部战争战役指挥要诀
  • 高技术条件下战区联合战役战法思想初探
  • 当代世界军事发展趋势及战略思考
  • 军事改革与军队质量建设
  • 新时期军事实践与思考

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

軍職
先代:
王克
中国人民解放軍陸軍の旗 蘭州軍区司令員
第9代:1992年11月 - 1997年11月
次代:
郭伯雄
先代:
李徳生
中国人民解放軍陸軍の旗 瀋陽軍区司令員
第5代:1985年6月 - 1992年11月
次代:
王克