劉永清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
劉永清
刘永清

任期 2002年11月15日 - 2012年11月15日
先代 王冶坪英語版
次代 彭麗媛

国家主席の配偶者
任期 2003年3月15日 - 2003年3月14日
先代 王冶坪英語版
次代 彭麗媛
個人情報
生年月日 (1940-10-03) 1940年10月3日(78歳)
配偶者 胡錦濤
子女 胡海峰中国語版
胡海清中国語版
出身校 清華大学
テンプレートを表示
劉永清
繁体字 劉永清
簡体字 刘永清
かつてのアメリカ合衆国ファーストレディーローラ・ブッシュとともにホワイトハウスにて(2006年撮影、赤い服を着ているのが劉)

劉永清 (りゅうえいせい、リュウ・ヨンチン、1940年10月3日-)は、元中国共産党中央委員会総書記および元国家主席である胡錦濤の妻。

伝統的にファーストレディーとして求められる役割は主に国内向けのものであったが、国家指導者による外遊が増えるにつれ変わっていった。 劉は夫の外国公式訪問に連れ立ち、世界中の慈善団体や文化施設を私的訪問した[1]

来歴[編集]

劉永清は1940年重慶で生まれ、巴蜀中学英語版に通った。 後に夫となる胡錦濤とは北京清華大学で出会った。 その後劉は北京都市計画委員会で働いた。 胡とは1970年4月に結婚した[2]

夫と同様、劉の来歴や背景は海外では余り広くは知られていない。 胡が国会主席になるまで、劉は実質上全く世間の耳目を集めなかった。 胡自身も注目されることは好まず、政治的キャリアの中でも世間の関心を避ける傾向があった[1]

子供[編集]

胡錦濤との間に1971年と1972年に胡海峰中国語版胡海清中国語版の一男一女を儲けており、2人とも清華大学で教育を受けた。 海峰はビジネスマンをしていたが、のち政界に入り、現在は浙江省嘉興市の市長を務めている。一方、海清は2003年に33歳で茅道林中国語版と結婚した[2][3]

出典[編集]

  1. ^ a b Well Traveled – But Not Very Well Known. Kirsty Needham. Sydney Morning Herald
  2. ^ a b 刘永清:做事低调的第一夫人” (简体中文). 联合晚报 (2009年9月19日). 2011年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年12月6日閲覧。
  3. ^ Chinese leader's daughter marries. 3 November 2003. Washington Times.
名誉職
先代:
王冶坪英語版
共産党中央委員会総書記の配偶者
2002–2012
次代:
彭麗媛
国家主席の配偶者
2003–2013