劉昞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

劉 昞(りゅう へい、? - 87年)は、後漢皇族。淮陽頃王。

経歴[編集]

明帝の子として生まれた。72年永平15年)、常山王に封じられた。79年建初4年)4月[1]、淮陽王に徙封された。汝南郡の新安[2]西華の2県が淮陽国に編入された。86年元和3年)、章帝の北巡に従った[1]

87年章和元年)7月癸卯[1]、死去した。90年永元2年)、和帝が劉昞の末子の劉側を常山王とし、劉昞の後を奉じさせた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 後漢書』章帝紀
  2. ^ 後漢書集解』所引銭大昕によると、汝南郡に新安県はなく、「新陽」の誤りではないかという。

子女[編集]

  • 劉章(防子侯、常山靖王)
  • 劉側(末子、常山殤王)

伝記資料[編集]

  • 『後漢書』巻50 列伝第40