劉光第

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
劉光第

劉 光第(りゅう こうだい、Liu Guangdi1859年 - 1898年)、字は裴村末の変法派の官僚。

四川省富順出身。光緒年間に進士となる。1883年、刑部主事。1898年、保国会に加入、戊戌の変法に参加した。しかし戊戌の政変西太后が政権を奪回すると、譚嗣同楊深秀林旭楊鋭康広仁とともに斬られた。彼らは「戊戌六君子」と呼ばれる。