劉ヨウ (蜀漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「劉邕」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

劉 邕(りゅう よう、生没年不詳)は、後漢末期から三国時代武将南和荊州義陽郡の人。子に劉式・劉武らがいる。

概要[編集]

211年劉備に付き従って益州に入り、214年に益州が平定された後に、江陽太守に任命された。 建興年間(223年 - 237年)次第に昇進し、監軍・後将軍関内侯を加えられ、その後死去した。

蒋琬諸葛亮から茂才に推挙されると、これを固辞して代わりの者を推挙し、その中の一人に劉邕を挙げている。 蜀の名臣を讃える楊戯の『季漢輔臣賛』では劉邕を篤実と評し、軍事の任務につき、辺境の地で活躍したと評価されている。

息子の劉式が後を継いだ。

参考文献[編集]