劉シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「劉諶」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
劉諶
劉諶(成都武侯祠)
劉諶(成都武侯祠
蜀漢
北地王
出生 生年不明
死去 炎興元年(263年
成都
拼音 Liú Chén
主君 劉禅

劉 諶(りゅう しん/りゅう じん、? - 263年)は、三国時代蜀漢蜀の皇族。後主劉禅の五男。蜀漢初代皇帝である先主劉備。北地王に封じられていた。は不詳。

略伝[編集]

263年が蜀漢に侵攻してきた際、成都の廟堂にて劉禅光禄大夫譙周の発言を受け入れて降伏しようとすると、劉諶は徹底抗戦を主張して反対したが容れられず、黄皓らによって宮中からしめ出されてしまった。帰宅して妻の崔氏[独自研究?]に御前会議の出来事を語ると、崔氏[独自研究?]と数人の王子は自害した。その首を携え祖父の昭烈皇帝(劉備)の前で、己の首を刎ねて自害した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三国志』蜀書後主伝、同注引『漢晋春秋』、蜀書二主妃子伝。なお小説『三国志演義』でも同様の最期を迎えている。