劇場支配人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

劇場支配人』(げきじょうしはいにん、ドイツ語Der Schauspieldirektor)K.486は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した1幕の音楽付き喜劇である。オペラ及びジングシュピールではないが、便宜上「オペラ」とされることもある。

概要[編集]

1786年神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世は、妹マリア・クリスティーナとその夫アルベルト・カジミール・フォン・ザクセン=テシェンウィーン訪問の際に、来訪の歓迎としてシェーンブルン宮殿内のオランジュリー(熱帯植物のある大温室)で祝祭を催すことにし、そのための音楽作品をモーツァルトに依頼した。依頼を受けたモーツァルトはすぐさま作曲に取りかかり、1月18日から2月3日までの短期間で完成させた。

初演は同年2月7日にオランジュリーにて行われた。この歓迎の祝祭では、サリエリオペラ・ブッファ『まずは音楽、お次が言葉(初めは音楽、次に台詞)』も続けて上演されており、ドイツの音楽劇とイタリアのオペラを競うという変わった趣向であった。初演後、作品は2月11日18日25日に繰り返し上演されただけで終わり、以降上演されることはなかった。また、モーツァルトの没後に多くの作曲家たちが改訂した版の上演を試みている。

台本は、オペラ『後宮からの逃走』を担当したヨハン・ゴットフリート・シュテファニー(弟)による。

登場人物[編集]

登場人物はこのほかに、台詞のみの役がフランク(劇場支配人)を含め6人出演する。

人物名 声域
マドモアゼル・ジルバークラング ソプラノ 歌手
マダム・ヘルツ ソプラノ 女流歌手
ムッシュー・フォーゲルザンク テノール 女流歌手
ブッフ バス(またはバリトン 俳優

演奏時間[編集]

序曲は約4分。全曲は約30分。

構成[編集]

序曲と4曲から構成される。また台詞で補ったり、他のバレエ音楽と合わせて上演するなど、様々な趣向が凝らされる場合がある。

  • 序曲(プレスト ハ長調)
  • 第1曲 アリエッタ「別れの時の鐘は鳴り」
  • 第2曲 ロンド「若いあなた!」
  • 第3曲 三重唱「私がプリマ・ドンナよ!」
  • 第4曲 ヴォードヴィル「芸術家は誰も栄光を求めて努力する」

録音[編集]

出演者の()内は声域

指揮者 録音年 管弦楽団 出演者 レーベル 備考
アンドレ・プレヴィン 1967 イギリス室内管弦楽団 レリ・グリスト(S)
ジュディス・ラスキン(S)
リチャード・ルイス(T)
シェリル・ミンルズ(Br)
RCA 英語歌唱版
ヘルムート・コッホ 1968 ベルリン室内管弦楽団 シルヴィア・ゲスティ(S)
ローゼマーリエ・レーニッシュ(S)
ペーター・シュライアー(T)
ヘルマン・クリスティアン・ポルスター(Bs)
ブリリアント
カール・ベーム 1973 ドレスデン国立管弦楽団 アーリン・オジェー(S)
レリ・グリスト(S)
ペーター・シュライアー(T)
クルト・モル(Bs)
グラモフォン
ニコラウス・アーノンクール 1986 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 マグナ・ナドール(S)
クリスティナ・ラキ(S)
トーマス・ハンプソン(Bs)
ハリー・ヴァン・デル・カンプ(Bs)
テルデック
ジョン・プリッチャード 1989 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 キリ・テ・カナワ(S)
エディタ・クルベローヴァ(S)
ウーヴェ・ハイルマン(T)
マンフレート・ユングヴィルト(Bs)
デッカ
マーティン・パールマン 2001 ボストン・バロック シンディア・シーデン(S)
シャロン・ベイカー(S)
ジョン・アラー(Bs)
ケヴィン・ディース(Bs)
テラーク
ネヴィル・マリナー 2006 ベルリン・ドイツ交響楽団 ノエミ・ネーデルマン(S)
オフェーリア・サラ(S)
ローター・オディニウス(T)
カーステン・サブロフスキ(Bs)
Phoenix ライヴ盤

外部リンク[編集]