副田吉成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
副田吉成
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
改名 吉成→陰斎(号)
別名 通称:甚兵衛・与左衛門
主君 織田信長豊臣秀吉
氏族 副田氏
羽柴秀吉妹・朝日姫

副田 吉成(そえだ よしなり)は、安土桃山時代の武将。

略歴[編集]

最初、織田信長に仕え、与力として羽柴秀吉の配下となり、当時未亡人だった秀吉の異父妹・朝日姫を室とする。また但馬国多伊城を与えられている。

本能寺の変で信長が斃れると、大徳寺における信長の葬儀奉行を務める。徳川家康懐柔のために、朝日姫が家康へ嫁ぐ事が決まり、強制的に離縁。条件の5万石加増を拒否して出家、陰斎と号して尾張国烏森に隠棲した。

演じた人物[編集]