前頭葉類似症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前頭葉類似症候群(ぜんとうようるいじしょうこうぐん、: frontal lobe-like syndrome)は、SSRIの副作用の一種である。セロトニンドパミンなどの相互作用により感情の平坦化、無気力が続く状態を指す。

SSRIの長期投与により、前頭葉においてドパミンノルアドレナリンの活性が低下し起こるといわれている。正常気分であるものの、何事にも無関心で動機付けが起こらず、疲労感や精神的に鈍い感じが残り、感情が平坦化する。うつ状態が悪化したようにも見える。

SSRIの多剤投与や、双極性障害などに漫然とSSRIを投与し続けるケースなども注意が必要である[1]

うつ症状の治療中にこのような症状が現れたら、SSRIの減量や、服薬時間を午後に変える、SNRIなどノルアドレナリンやドパミン神経の刺激作用のある薬物への変更などが推奨される[2]セルトラリン(商品名 ジェイゾロフト)は軽いドパミン再取り込み阻害作用を伴う為、前頭葉類似症候群は起こりにくいといわれているが、これも個人差がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 岩橋和彦、榎本稔、深間内文彦 『かくれ躁うつ病が増えている - なかなか治らない心の病気』〈法研〉2010年7月 ISBN 9784879548009
  2. ^ 臨床精神薬理 第10巻 p 295-307 2007年

関連項目[編集]