前野隆司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前野 隆司(まえの たかし、1962年 - )は、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。ヒューマンマシンシステム、イノベーション教育、社会システムデザイン、幸福学、システムデザイン・マネジメント学などの研究に従事。出身は山口県[1]

略歴[編集]

著作[編集]

  • 『脳はなぜ「心」を作ったのか―「私」の謎を解く受動意識仮説』筑摩書房 2004年 のち文庫 
  • 『錯覚する脳―「おいしい」も「痛い」も幻想だった』筑摩書房 2007年 のち文庫 
  • 『脳の中の「私」はなぜ見つからないのか? ロボティクス研究者が見た脳と心の思想史』技術評論社 2007年 
  • 『記憶―脳は「忘れる」ほど幸福になれる』ビジネス社 2009年
  • 『思考の整理術 問題解決のための忘却メソッド』朝日新聞出版 2009年
  • 『思考脳力のつくり方-仕事と人生を革新する四つの思考法』角川oneテーマ21 2010年
  • 『「死ぬのが怖い」とはどういうことか』講談社 2013年
  • 『幸せのメカニズムー実践・幸福学入門』講談社現代新書 2013年
  • 『脳は記憶を消したがる』フォレスト出版 2013年
  • 『幸せの日本論 日本人という謎を解く』角川新書 2015年
  • 『無意識の整え方―身体も心も運命もなぜかうまく動き出す30の習慣』ワニプラス 2016年
  • 『実践 ポジティブ心理学 幸せのサイエンス』PHP新書 2017年
  • 『実践・脳を活かす幸福学 無意識の力を伸ばす8つの講義』講談社 2017年

共著[編集]

  • 『触覚認識メカニズムと応用技術 触覚センサ・触覚ディスプレイ』下条誠,篠田裕之,佐野明人共編 サイエンス&テクノロジー 2010年
  • 『システム×デザイン思考で世界を変えるー慶應SDM「イノベーションのつくり方」』日経BP 2014年
  • 『無意識と対話する方法―あなたの難問を解決に導く「ダイアローグ」のすごい力』 ワニ・プラス2017年
  • 『人間はロボットよりも幸せか?』マキノ出版 2017年
  • 『仏教と科学が発見した「幸せの法則」』サンガ 2017年

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b 前野隆司”. 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科. 2017年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]