前辞反復

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

前辞反復(ぜんじはんぷく、Anadiplosis)とは、またはの最後にある語または句が、次の文または節の最初で繰り返される修辞技法のこと。より一般的には、強調のための修辞的な繰り返しを指す。「Anadiplosis」の語源はギリシャ語で意味は「背中を重ねること」。

[編集]

The Isles of Greece, the Isles of Greece, where burning Sappho loved and sung
(ギリシャの島々、ギリシャの島々、そこは輝くサッポーが愛し歌ったところ)
-- ジョージ・ゴードン・バイロン
Fear leads to anger. Anger leads to hate. Hate leads to suffering.
-- 映画スター・ウォーズ』からヨーダの台詞。
忽聞海上有仙山,山在虛無縹緲間
-- 『長恨歌
雨は 今宵も 昔 ながらに、昔 ながらの 唄を うたつてる。
-- 中原中也『夜更の雨』

他の使い方[編集]

「Anadiplosis」という語は古代の医学用語でもあった。意味は、発作の反復である。同じことを何人かの著作家たちは「Epanalepsis」と呼んでいる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • This article incorporates content from the 1728 Cyclopaedia, a publication in the public domain.
  • Corbett, Edward P.J. Classical Rhetoric for the Modern Student. Oxford University Press, New York, 1971.
  • Smyth, Herbert Weir (1920). Greek Grammar. Cambridge MA: Harvard University Press, p. 673. ISBN 0-674-36250-0.

外部リンク[編集]