前眼窩窓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マッソスポンディルスにおける前眼窩窓と頭骨のその他の穴の関係

前眼窩窓(ぜんがんかそう、: antorbital fenestra)は、眼窩の前方に存在する頭骨の穴である。

この頭骨の特徴は主竜類に大きく関連し、三畳紀に初めて出現した。現生の主竜類および鳥類には前眼窩窓が存在する一方、ワニ目では失われている。ワニ目が前眼窩窓を失ったことは、咬合力を要する構造と摂食の仕草に関連すると考えられている[1][2]

ある種の主竜類では、穴が塞がったものの窪みとしてその場に存在し、前眼窩窩と呼ばれる構造に変化したものもいる。

前眼窩窓は隣接する鼻殻と繋がった副鼻腔を持つ[3]。ワニ目では前眼窩窓が骨の壁で覆われているが、前眼窩洞は残っている[3]

獣脚類恐竜では前眼窩窓は頭骨における最大の開口部となっている。体系的には、前眼窩窓の存在は系統群としてテタヌラ類を形成する共有派生形質であると考えられている。対照的に、大多数の鳥盤類の恐竜では前眼窩窓は退化傾向にあり閉塞していることすらある[3]。前眼窩窓が消失している例としてはハドロサウルス科プロトケラトプス属などがあり、特にプロトケラトプスはこの閉じた前眼窩窓という形質により他の角竜類から区別される[4]

出典[編集]

  1. ^ Preushscoft, H., Witzel, U. 2002. Biomechanical Investigations on the Skulls of Reptiles and Mammals. Senckenbergiana Lethaea 82:207–222.
  2. ^ Rayfield, E.J., Milner, A.C., Xuan, V.B., Young, P.G. 2007. Functional Morphology of Spinosaur "Crocodile Mimic" Dinosaurs. JVP. 27(4):892–901.
  3. ^ a b c Witmer, L.M. 1997. The Evolution of the Antorbital Cavity of Archosaurs: A Study in Soft-Tissue Reconstruction in the Fossil Record with an Analysis of the Function of Pneumaticity. JVP 17(1 supp):1–76.
  4. ^ Martin, A.J. (2006). Introduction to the Study of Dinosaurs. Second Edition. Oxford, Blackwell Publishing. pg. 299-300. 1-4051-3413-5.

外部リンク[編集]