前田金五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

前田 金五郎(まえだ きんごろう、1920年9月11日 - 2013年2月21日[1])は、日本国文学者。近世文学、特に井原西鶴が専門。専修大学名誉教授。

略歴[編集]

静岡県静岡市出身[1]東京文理科大学卒。専修大学助教授、教授、1991年定年退任、名誉教授。近世文学、特に井原西鶴が専門。 小西甚一をして「怪物[2]」と呼ばしめた博識である。

2013年2月21日、消化管出血のため死去[1]

著書 [編集]

  • 好色一代男全注釈』角川書店 1980-81 日本古典評釈・全注釈叢書
  • 『西鶴大矢数注釈』全4巻 勉誠社 1986-87
  • 『好色五人女全注釈』勉誠社 1992
  • 『西鶴語彙新考』勉誠社 1993
  • 好色一代女全注釈』勉誠社 1996
  • 『西鶴発句注釈』勉誠出版 2001
  • 『西鶴連句注釈』勉誠出版 2003
  • 『近世文学雑考』勉誠出版 2005
  • 『近世文学雑記帳』勉誠出版 2007
  • 『思い出雑記帳』勉誠出版、2012

共編 [編集]

校注 [編集]

参考文献 [編集]

  • 前田金五郎教授履歴・業績 専修人文論集 1991-02

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 【おくやみ】前田 金五郎氏 専修大名誉教授、近世文学 東京新聞TOKYO Web 2013年2月28日閲覧
  2. ^ 小西甚一, 「芭蕉俳諧評釋」『連歌俳諧研究』 日本學士院, 1953年 1953巻 5号 p.73, doi:10.11180/haibun1951.1953.5_73