前田半田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前田 半田(まえだ はんでん、1817年文化14年) - 1878年明治11年)10月25日)は日本画家徳島県美馬郡つるぎ町(旧半田町)出身。本名は前田 暢堂。名は碩。は子果、実甫。別号は暢堂、青牛。

生涯[編集]

文化14年(1817年)に医師である前田養拙の子として京都府で生まれた。中島来章から日本画を学ぶ。その後、貫名菘翁山本梅逸を師として、京都を中心に活躍していく。明治5年(1872年)に前田暢堂から前田半田と改名したとされる[1]田能村直入に入門した児玉果亭に画法を説いている。

明治11年(1878年)に62歳で去る。

脚注[編集]

  1. ^ 森琴石「響泉堂」 索引・略伝【画家他/芸術関係 ま行】