前田亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前田 亨
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市北区植木町
生年月日 (1950-12-16) 1950年12月16日(67歳)
身長
体重
178 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1973年 ドラフト5位
初出場 1974年10月1日
最終出場 1980年11月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪急ブレーブス (1981 - 1982)

前田 亨(まえだ とおる、旧名:享。1950年12月16日 - )は、熊本県出身のプロ野球審判・元プロ野球選手。

来歴・人物[編集]

熊本工では2年生の時、控え捕手として1967年春の選抜に出場。山下忠信(鷺宮製作所)、松本正幸(巨人)の好投もあり準々決勝に進むが、この大会に準優勝した高知高の三本隆(日本石油)に完封を喫する[1]。他のチームメートに中堅手内田照文がいた。翌1968年夏は松本とバッテリーを組み、県予選準決勝に進むが、鎮西高に延長12回敗退、甲子園には届かなかった。

卒業後は日本通運浦和に入社。1973年都市対抗では、準々決勝で大昭和製紙北海道中山俊之から逆転3点本塁打を放つなど活躍するが、準決勝で日産自動車に9回サヨナラ負け[2]

1973年のドラフト5位で阪急ブレーブス捕手として入団。中沢伸二らの陰に隠れ、ほとんど出番はなかったが、1980年まで現役をつとめた。同年11月には五番、指名打者として1試合のみ先発出場を果たす。選手としての通算出場記録は2試合に出場して4打数1安打、0本塁打、0打点、打率.250。1981年から二年間二軍のコーチ補佐を務めた[3]

その後パシフィック・リーグの関西審判部に入局。審判員袖番号は71983年以降、71977年初採用から1981年まで久喜勲がつけていた番号である。)。2005年シーズン終了時までに通算1905試合に出場、オールスター4回(1987年、1991年、2002年、2005年。内1987年第2戦で球審)、日本シリーズ4回(1993年、1995年、1997年、2001年。内訳は第5戦での球審が3回(1993年、1997年、2001年)、第1戦での球審が1回(1995年)。なお前田が出場した4回の日本シリーズはすべてヤクルトスワローズ戦であり、4回ともヤクルトが日本一となっている)出場している。1995年の小林-オマリーの14球では一塁塁審をしていた。

2005年まで同リーグ審判部主任をつとめていたが、55歳の定年年齢到達に基づき、2006年からは一審判員に戻っている。2008年8月30日京セラドーム大阪で行われたオリックス・バファローズ北海道日本ハムファイターズ戦で二塁塁審を務め2000試合出場を達成、10月1日に京セラドーム大阪で行われたオリックス対福岡ソフトバンクホークス戦の三塁塁審を最後に同年限りで退職した。

2008年秋からプロ野球マスターズリーグの審判員を務めた。また、2009年より関西独立リーグの審判員も務めており、同リーグ開幕戦で二塁塁審を務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 阪急 1 1 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
1980 1 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年 2 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .250 .250 .250 .500

記録[編集]

背番号[編集]

  • 44 (1974年 - 1980年)
  • 76 (1981年 - 1982年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 阪急ブレーブス黄金の歴史 [永久保存版] よみがえる勇者の記憶 1936-1988、ベースボール・マガジン社、2011年、P129

関連項目[編集]