前ヶ潮春夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前ヶ潮 春夫(まえがしお はるお、1931年3月12日-1979年11月30日)は、岐阜県大野郡上枝村(現在の同県高山市赤保木町)出身で、かつて高砂部屋に所属した力士である。身長175cm、体重88kg。得意手は右四つ、下手投げ。最高位は東前頭18枚目(1958年7月場所)。本名は三野谷 春夫(みのや はるお)→清水 春夫(しみず -)[1]

来歴・人物[編集]

小学校3年生の時に母を病で亡くし、以後は、父の手1つで育てられた。

地元・上枝村の青年相撲で活躍していた頃、巡業で高山市内を訪れた横綱前田山に見出され、彼が所属する高砂部屋にスカウトされた[1]

1949年10月場所で初土俵を踏み、四股名を本名の「三野谷」から「前ヶ潮(ゲン担ぎとして改名、先輩の四股名をそのまま襲名)」と改めた1953年1月場所で三段目優勝を遂げ、幕下も4場所で突破して1954年3月場所で十両に昇進[1]

その後は主に十両中位から下位を往復していたが、十両在位19場所目の1958年5月場所では西十両筆頭の地位にて10勝5敗と大きく勝ち越し、翌7月場所で新入幕を果たした[1]

しかし同場所では、2勝13敗と惨敗して、1場所で十両へ逆戻り。ツラ相撲が目立ったためか、幕内は結局、この1場所しか務まらなかった[1]

それから間もなく幕下にまで陥落し、1959年9月場所後、28歳で廃業した[1]

1979年11月30日、逝去。48歳没。

主な戦績[編集]

  • 現役在位:41場所
  • 通算成績:275勝257敗13休 勝率.517
  • 幕内在位:1場所
  • 幕内成績:2勝13敗 勝率.133
  • 各段優勝
    • 三段目優勝:1回(1953年1月場所)

改名歴[編集]

  • 三野谷(みのや、1950年1月場所-1952年9月場所)
  • 前ヶ潮(まえがしお、1953年1月場所・1953年5月場所-1959年9月場所)
  • 前ヶ汐(まえがしお、1953年3月場所)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p22