制御材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

制御材(せいぎょざい)とは原子炉において制御棒を構成する材料である。中性子吸収断面積の大きい材料が使用され、棒状或いは板状に加工されている。

加圧水型原子炉ではインジウムカドミウムの合金が、沸騰水型原子炉では炭化ホウ素 (B4C) ・ハフニウムのどちらか、または両者の組み合わせが使用される。

外部リンク[編集]