別紙慶一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
べっし けいいち
別紙 慶一
生年月日 (1985-03-20) 1985年3月20日(34歳)
出生地 日本の旗 日本北海道
身長 178cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 2005年 -

別紙 慶一(べっし けいいち、1985年3月20日[1] - )は、日本俳優である。北海道出身[1]。身長178cm、血液型O型[1]

人物・来歴[編集]

2005年のデビュー以降、尾木プロ THE NEXTから次いでプロダクション尾木に所属していたが、2015年3月31日をもって離籍[2]

水曜ミステリー9「検事 沢木正夫3 共犯者」では出演の他、スタッフとして造園指導もしている。

出演[編集]

舞台[編集]

  • スーパーお芝居スクールランブル〜お猿さんだよ、播磨くん!〜(2005年7月、全労済ホールスペース・ゼロ) - 今鳥恭介 役
  • SHOW-GO produce vol.1『エンディングノート〜ゆるやかな絶望〜』(2006年5月、THEATER/TOPS) - 森大介 役
  • *pnish* vol.7『トレジャーボックス』(2006年7月、全労済ホールスペース・ゼロ) - 赤影 役
  • *pnish* vol.8『ワンダーボックス』(2006年9月、サンシャイン劇場) - パク 役
  • リバース・ヒストリカ(2007年2月、シアターグリーン BOX in BOX THEATER) - 津田大輔/石田三成 役
  • 劇団CORNFLAKES 炎の劇団員公演vol.1『博士と太郎の異常な愛情』(2007年5月 - 6月、シアターブラッツ) - 五十嵐 役
  • *pnish* vol.9『シークレットボックス』(2007年9月、東京芸術劇場 中ホール / 兵庫県立芸術文化センター 中ホール) - 津田 役
  • GROOVEY MAX 第1回公演『GOLDEN TRASH』(2008年3月、シアターグリーン BOX in BOX THEATER) - 大河内 役
  • *pnish* プロデュース vol.3『リバースヒストリカ』(2008年4月、青山円形劇場) - 津田/石田三成 役
  • エブリ リトル シング(2008年7月、紀伊國屋サザンシアター) - アンサンブル出演
  • 〜avex group The 20th Anniversary〜『ココロノカケラ』(2008年9月、青山劇場) - アンサンブル出演
  • SAMURAI 7(2008年11月、新宿コマ劇場) - 官吏 役
  • オアシスと砂漠〜Love on the planet〜(2009年1月、青山劇場) - 梅田洋平 役
  • *pnish* プロデュース vol.5『リバースヒストリカ』(2009年4月、全労済ホールスペース・ゼロ) - 津田/石田三成 役
  • おはようおじさん(2009年7月、恵比寿 エコー劇場) - 柳原和幸 役
  • FIELDS presents 連作短編シアター『エブリ リトル シング '09』(2009年8月、天王洲 銀河劇場) - 昌宏 役
  • マリア・マグダレーナ再来日公演『マグダラなマリア』〜マリアさんは二度くらい死ぬ!オリエンタルサンシャイン急行殺人事件〜(2009年11月、サンシャイン劇場 / 神戸オリエンタル劇場) - 黒海ピロシ 役
  • Infiniteプロデュース公演第3弾『闇の向こう側』(2009年12月、中野 ザ・ポケット) - 木田 役
  • 天聖八剣伝(2010年6月、天王洲 銀河劇場) - 筒井大尉 役
  • One on One ライブパフォーマンス『G♭』(2010年7月、遊空間がざびぃ) - 喜劇俳優1 役
  • One on One 21st note ミニシアター Chordシリーズ『Genius Writer〜本物と偽者・シェイクスピア〜』(2010年8月、中野 ザ・ポケット) - 神崎 役
  • One on One live 2010.11『Love Life Live』(2010年11月、SONANTA) - 神崎 役
  • ニコニコミュージカル第一弾『クリスマス・キャロル』(2010年12月、博品館劇場) - マーク・ミラー 役
  • ニコニコミュージカル第5弾『DEAR BOYS -Double Revenge-』(2011年4月 - 5月、THEATRE1010) - 土橋健二 役
  • LIPSYNCA(リプシンカ)〜ヒールをはいたオトコ!?タチ〜(2011年9月、シアターサンモール) - 陳家仁 役
  • ニコニコミュージカル『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』(2012年3月、博品館劇場) - ロドリゴ・ボルジア 役
  • WBB vol.2『プレイスター』(2012年4月 - 5月、全労済ホールスペース・ゼロ) - チンピラ 役、他
  • マリア・マグダレーナ来日特別公演『マグダライブ!!』(2012年6月、SHIBUYA-AX) - 黒海ピロシ 役
  • イケメン金融工学(2012年7月 - 8月、SPACE107 / ABCホール) - マッキー 役
  • マリア・マグダレーナ来日公演『マグダラなマリア』 〜ワインとタンゴと男と女とワイン〜(2012年11月 - 12月、サンシャイン劇場 / 新神戸オリエンタル劇場) - 黒海ピロシ 役
  • “STRAYDOG”Produce公演『映像都市・チネチッタ』(2013年5月、テアトルBONBON) - 根岸 役
  • マリア・マグダレーナ来日特別公演 『マグダライブ!! 2013』(2013年6月、SHIBUYA-AX) - 黒海ピロシ 役
  • 劇団スーパー・エキセントリック・シアター タイツマンズ・シズエ企画『歌いタイツ』(2013年9月、あうるすぽっと) - オカマライオン/滝廉太郎/オタク/樹木 役
  • グレイスフルプロデュース『亜雌異人愚(アメイジング)なグレイス』(2013年11月、新神戸オリエンタル劇場 / AiiA Theater Tokyo) - 黒海ピロシ 役
  • 蝶々殺人事件(2014年3月、紀伊國屋サザンシアター) - 志賀笛人 役
  • 演劇集団アトリエッジ15周年 特攻隊ミュージカル『流れる雲よ2014〜未来より愛を込めて〜』(2014年5月 - 6月、中野 ザ・ポケット) - 横堂五郎 役
  • 演劇ユニット青唐辛子 第二回公演 任侠ミュージカル『蝙蝠の箱』(2014年10月、新宿 Theater BRATS) - テツ 役 ※主演
  • Biz-tainment THEATER『WAYOUT 2015』(2015年2月 - 3月、大阪 エル・シアター / 東京芸術劇場 プレイハウス) - 中村忠 役
  • AskプロデュースVol.13 〜バッキャローシリーズ第3弾〜 『虹のバッキャロー!!』〜大倉旅館編第2章〜(2015年7月 - 8月、シアターグリーン BOX in BOX THEATER) - 祖母井保 役
  • ミュージカル座10月公演「ロザリー」(2016年10月、六行会ホール) - 宝石商ベメール/ロザリーの父 役
  • ミュージカル「クリスマスキャロル」(2018年12月12日 - 16日、東京・東京キネマ倶楽部) - ロバート役[3]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 受験のシンデレラ(2008年) - 予備校生 役
  • ハッピーネガティブマリッジ(2014年) - チェン 役
  • ブラインド・テイスティング(2015年) - MC 役
  • サクらんぼの恋(2018年)- 司会者 役

その他[編集]

  • 屋形船晴海屋 銀座4丁目交差点三愛ビル街頭ヴィジョン CMナレーション(2011年7月15日 - 30日)
  • 財務省 個人向け国債 平成28年度駅貼り広告
  • 「アルパインスタイル プレミアムスペースデザイン」WEBムービー
  • 富士通エフサス導入事例広告 「ひと、ICTとともに」シリーズ #95「大和ハウス工業」篇
  • オリエンタルバイオ社「ハラスメント大全集編」WEBムービー

脚注[編集]

  1. ^ a b c 別紙慶一(出典:日本タレント名鑑)”. Yahoo!検索(人物). Yahoo Japan. 2015年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月5日閲覧。
  2. ^ “※お知らせ”. 別紙慶一オフィシャルブログ 別紙のリアル日誌. (2015年4月1日). http://ameblo.jp/besshikeiichi/entry-12008957737.html 
  3. ^ Inc., Natasha,. “ホリエモン主演ミュージカル再び、堀江貴文「もっと演劇を広めたい」 - ステージナタリー” (日本語). ステージナタリー. 2018年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]