別所 (地名解釈)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

別所(べっしょ)とは、歴史家菊池山哉によれば大和王権律令政府)が蝦夷(えみし)を征服した際の戦争捕虜(俘囚)を古郷に3~4戸ずつ配置した集住地域を言う。

学史[編集]

菊池山哉の旧説であり、いまだ歴史学上の完全な定説となってはいない。本村新田枝郷とする解釈もある。しかし近年、柴田弘武によって本格的な再検討がなされつつある。柴田は更に約300ヶ所の別所を析出し、菊池の調査分と合わせて計約500ヶ所の別所を検討した結果、「菊池の説は動かし難いと思う」(『鉄と俘囚の古代史』)と述べている。

菊池山哉は「古く音読の地名は、官符に関係あるものに限るようです」とし、音読の「別所」(ベッショ)を官符関係のものと推定している。『延喜式』には「俘囚料」の「計帳」があり、811年(弘仁2)3月に「始めて諸国をして俘囚計帳を進めしむ」とある。菊池の説はこの「俘囚」の移配地を「別所」と考えるものである。「移配」は菊池の造語。

菊池山哉のまとめた特徴のいくつか[編集]

※『日本の特殊部落』(東京史談会・1961年)による。ただし、現代の歴史学では否定されている事象を含むので要注意。

  1. 全国に200余ヶ所もの同名の地があるので、そこには何か「同じ性格」があるだろう。蝦夷奥羽6カ国と、隼人薩摩国と、「他国と異なり」と言われた飛騨国には無い。
  2. 山間僻地や丘陵に囲まれた地にある。(山間僻地で円仁(慈覚大師)による建立の伝承のあるところ、古い東光寺のあるところ、白山権現鎮守としているところは別所の可能性がある。)
  3. 武蔵足立郡入間郡では『和名抄』所載の古郷に一ヶ所ずつ存在する。
  4. 西日本では国境・群界にある。
  5. 草分は2~3軒、多くとも4~5軒であり、名主もなく、明治維新の際に名字をつけた。
  6. 石棒を祀るところがあり、縄文時代とのつながりを思わせる。
  7. 1に1ヶ村位の割であり、勅願寺と伝えられるものや古い社寺があり、平安時代の古像も存在する。
  8. 近畿以東の鎮守白山権現である。
  9. 「院内村」も別所と同じく「俘囚」の移配地である。

関連項目[編集]

文献[編集]

  • 菊池山哉『日本の特殊部落』(東京史談会・1961年)。
  • 菊池山哉「別所とヱトリの問題」(1962年6月「日本上古史研究」66号)。
  • 柴田弘武『鉄と俘囚の古代史』(彩流社・1989年)。
  • 柴田弘武「蝦夷"征伐"の真相」(1996年8月「月刊状況と主体」248号)。
  • 塩見鮮一郎「部落の歴史あれこれ(25)別所と蝦夷」(2000年6月「ヒューマンライツ」147号)。