初沢城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
初沢城
東京都
初沢城遠景
初沢城遠景
別名 椚田城、高乗寺城
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 椚田氏
築城年 鎌倉時代初期か
主な改修者 長井氏山内上杉氏
主な城主 椚田氏長井氏三田氏宗北条氏
廃城年 天正18年(1590年
遺構 土塁、堀
指定文化財 なし
位置 北緯35度38分8.37秒
東経139度16分44.04秒

初沢城(はつざわじょう)は、現在の東京都八王子市初沢町にあった中世日本の城山城)である。別名を、椚田城(くぬぎだじょう)・高乗寺城(こうじょうじじょう)という。

歴史・沿革[編集]

鎌倉時代片倉城に在城していた高乗寺開祖の長井氏によって築城されたとも伝わるが、諸説ある。「新編武蔵風土記稿」によれば、鎌倉幕府初期の御家人武蔵七党横山党の一族・椚田氏の居城と推測されている。

長井氏鎌倉幕府初期の重臣・大江広元を祖先に持ち、横山党が1213年(建暦3年)和田合戦で滅亡すると、同地は大江氏に与えられた。長井氏扇谷上杉氏の傘下となる。1504年(永正元年)、扇谷上杉軍が山内上杉軍を破った立河原の戦いの際、落城した扇谷上杉方の椚田塁に比定される。後北条時代、八王子城出城の一つとされ、1590年(天正18年)の豊臣秀吉による八王子城攻め、落城とともに初沢城も落城、廃城となった。

現在はハイキングコースとして整備され、東京都の指定史跡である。

考古資料[編集]

遺構[編集]

標高294m(比高100m)の初沢山の尾根上に、曲輪堀切土橋などの遺構が残る。

観光[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]