初恋ロスタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
初恋ロスタイム
著者 仁科裕貴
イラスト 烏羽雨
発行日 2016年1月23日
発行元 KADOKAWA
ジャンル 恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫判
ページ数 242
公式サイト www.kadokawa.co.jp
コード ISBN 978-4-04-865689-4
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

初恋ロスタイム』(はつこいロスタイム)は、仁科裕貴による日本小説。2016年にKADOKAWA / アスキー・メディアワークスから刊行された。時が止まる不思議な時間「ロスタイム」をめぐる恋愛小説

メディアミックスとして、2019年に漫画化および実写映画化[1]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

漫画 [編集]

ヤングエース』 (KADOKAWA)にて、2019年6月号より連載中[2]。作画はなのら、キャラクター原案はぜろきち。

映画[編集]

初恋ロスタイム
監督 河合勇人
脚本 桑村さや香
原作 仁科裕貴「初恋ロスタイム」
製作 井上竜太(企画プロデュース)
高木智香(企画プロデュース)
渡辺修(プロデューサー)
出演者 板垣瑞生
吉柳咲良
石橋杏奈
甲本雅裕
竹内涼真
主題歌 緑黄色社会「想い人」
撮影 神田創
編集 瀧田隆一
制作会社 ホリプロ
製作会社 「初恋ロスタイム」製作委員会
配給 KADOKAWA
公開 日本の旗 2019年9月20日(予定)
上映時間 104分[3]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2019年9月20日公開予定。監督は河合勇人板垣瑞生が映画初主演[4]2016年ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリの 吉柳咲良が映像作品初出演でヒロインを務める[1][5]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “板垣瑞生、映画初主演で竹内涼真と共演 ヒロインはホリプロTSC出身・吉柳咲良<初恋ロスタイム>”. モデルプレス. (2019年2月19日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1822526 2019年3月6日閲覧。 
  2. ^ “「キャロル&チューズデイ」コミカライズなどヤングエースで新連載3本が始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年5月2日). https://natalie.mu/comic/news/330166 2019年5月3日閲覧。 
  3. ^ 初恋ロスタイム:作品情報”. 映画.com. 2019年5月23日閲覧。
  4. ^ “板垣瑞生「初恋ロスタイム」で映画初主演 自炊シーンへネギ千切り猛練習 ヒロイン吉柳咲良は銀幕デビュー”. スポーツニッポン. (2019年2月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/19/kiji/20190218s00041000232000c.html 2019年3月6日閲覧。 
  5. ^ ホリプロTSC頂点は史上最年少12歳柳田咲良さん 石原さとみ祝福に号泣”. ORICON NEWS. 2019年3月6日閲覧。
  6. ^ “板垣瑞生「初恋ロスタイム」特報で吉柳咲良とキス寸前、医師役・竹内涼真も登場”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月11日). https://natalie.mu/eiga/news/327422 2019年4月11日閲覧。 
  7. ^ “緑黄色社会、M!LK板垣瑞生が主演務める映画「初恋ロスタイム」の主題歌担当”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年5月17日). https://natalie.mu/music/news/331748 2019年5月23日閲覧。 

外部リンク[編集]