刑部経貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
刑部経貞
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 文禄2年(1593年
主君 宇都宮国綱
氏族 刑部氏
テンプレートを表示

刑部 経貞(おさかべ つねさだ)は、安土桃山時代武将下野宇都宮氏の家臣。刑部城主。

略歴[編集]

刑部氏は下野宇都宮氏の庶流。横田師綱の二男・刑部良業応永年間に刑部郷を領有して刑部城を築城し、刑部氏を称したのが始まりである。

宇都宮国綱の命で豊臣秀吉による文禄の役に参陣するが文禄2年(1593年)に戦死した。

慶長2年(1597年)に主家である下野宇都宮氏が改易されると、刑部氏も没落し、刑部城は廃城となっている。