切池信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

切池 信夫(きりいけ のぶお、1946年6月4日 - )は、日本医学者精神科医大阪市立大学大学院医学研究科名誉教授。専門分野は摂食障害大阪市出身。

来歴[編集]

1971年、大阪市立大学医学部卒業。同大学付属病院臨床研究医、北野病院精神科、ネブラスカ州立大学医学部薬理学教室、大阪市立大学教授(神経精神医学教室)を経て、2012年より大阪市立大学名誉教授。専門は心療内科精神神経科。日本精神科診断学会会長を歴任、日本精神神経学会評議員を務める。厚生労働省の研究班の主任研究者として、摂食障害診療に携わる専門家向けのガイドラインを取りまとめた。1997年、大阪市医学会市長賞を受章した。 

主な著書[編集]

  • 拒食症と過食症の治し方(監修 講談社)2016年
  • クリニックで診る摂食障害(医学書院)2015年
  • 摂食障害と寄りそって回復をめざす本(監修 日東書院)2014年
  • 摂食障害治療ガイドライン(監修、医学書院)2012年
  • 摂食障害(監訳、金剛出版)2011年
  • 摂食障害の認知行動療法(監訳、医学書院)2010年
  • 摂食障害第2版(医学書院)2009年
  • 摂食障害(編集、最新医学)2007年
  • 薬物依存Q&A(編著、ミネルヴァ書房)2006年
  • 拒食症と過食症(監修、講談社)2004年
  • 摂食障害 治療のガイドライン(編集 医学書院)2003年
  • みんなで学ぶ過食と拒食とダイエット(星和書店)2001年
  • 摂食障害(医学書院)2000年