切創

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

切創(せっそう、cut, incised wound)とは、ガラスや刃物など鋭い器物による体表の創傷で、切り傷のことを指す医学用語である。

切創は傷口が鋭く切断されており、周囲組織に挫滅がないことが特徴である。

関連項目[編集]