分銅惇作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

分銅 惇作(ふんどう じゅんさく、1924年9月23日 - 2009年1月29日)は、近代日本文学研究者。秋田県南秋田郡五城目町出身。旧制秋田中学校(現在の秋田県立秋田高等学校)等を経て東京文理科大学卒業、高校教諭、東京教育大学教授、実践女子大学教授、同大学長(1993年)。のち名誉教授。99年秋、勲三等瑞宝章受勲。旺文社大学受験ラジオ講座の講師もされた。

近代日本の詩が専門で後年宮沢賢治を研究。

また、秋田県立秋田西高等学校の校歌を作詞した。

著書[編集]

  • 『寂光抄 詩集』薔薇科社 1955
  • 中原中也』講談社現代新書 1974
  • 『宮沢賢治の文学と法華経』水書坊 1981

共編著[編集]

  • 現代詩評釈 吉田精一大岡信共編 学灯社 1968
  • 近代詩鑑賞辞典 吉田精一共編 東京堂出版 1969
  • 近代小説 鑑賞と研究 東京堂出版 1975
  • 現代詩物語 激動の時代を貫く抒情の系譜 吉田熈生共編 有斐閣ブックス 1978
  • 近代詩物語 明治・大正の詩的遺産を展望する 吉田熈生共編 有斐閣ブックス 1978
  • 近代の文章 鈴木醇爾共編 筑摩書房 1988
  • 宮沢賢治入門 栗原敦共編 筑摩書房 1992
  • 近代文学論の現在 蒼丘書林 1998
  • 伊藤永之介生誕百年 深い愛、静かな怒りのリアリズム 至文堂 2003(「国文学解釈と鑑賞」別冊)

外部リンク[編集]