刀根康尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(photo by Andy Newcombe)

刀根 康尚(とね やすなお、1935年 - )前衛芸術家、音楽家。米国在住。

概要[編集]

ノイズミュージックの第一人者。

1935年東京都・浅草に生まれる。

千葉大学の国文科に進学し、日本文学を専攻。シュルレアリスム文学を卒業論文のテーマにした。 1957年に同大学を卒業。

1958年に、一柳慧を通じて知り合ったジョージ・マチューナスの誘いで、フルクサスに参加した。また同時期に即興演奏をはじめ、小杉武久塩見允枝子武田明倫水野修孝らと即興音楽集団「グループ・音楽」を結成、日本初の即興演奏グループとなった。ハイレッド・センターやチーム・ランダムにも参加、多くの前衛芸術運動に関わった。現代美術評論でも知られる。

1972年に渡米し、活動拠点をアメリカに移した。ジョン・ケージなどとも交流し、数々のイベントに参加した。

刀根の作品の中では、音楽作品が特によく知られており、CDの盤面に意図的に傷をつけて、プレイヤーが読み取るときにディストーション(ひずみ)を発生させる、という表現手法などを用いた。2002年には、アルス・エレクトロニカでデジタル・ミュージック部門の金賞を受賞している。

作品の特徴[編集]

CDなど音響再生産メディアに傷を故意に加え、ノイズを生み出す。〈意味を持たない音〉と〈新しいテクノロジーやメディアの主題化〉という二つのコンセプトを実施している[1]

主な作品[編集]

アルバム[編集]

  • Solo for Wounded CD (1997, Tzadik Records)
  • Wounded Man'Yo #38-9/2001 (2001, Alku)
  • 刀根 康尚 (2003, Asphodel Records)
  • Palimpsest (2004, Mego) - フロリアン・ヘッカーen)との共作。

参加作品[編集]

主な著作[編集]

  • 刀根, 康尚. "アウラ--芸術の外傷体験 (ものみな複製の時代に(特集))." 美術手帖, no. 346 (1971/09 1971): 56-63. https://ci.nii.ac.jp/naid/40003237147/.
  • "アメリカン・ドリームの墓碑銘--<マリリン・モンロー頌>展によせて." 美術手帖, no. 295 (1968/03 1968): 142-45,11〜18. https://ci.nii.ac.jp/naid/40003239515/.
  • "ケージと日本の水車(人間の世紀-7-)." SD, no. 57 (1969/08 1969): 115-19. https://ci.nii.ac.jp/naid/40000042304/.
  • "タージ・マハル旅行団と永久音楽 (アングラ・ニュー・トライ・コース(特集))." 映画評論 27, no. 6 (1970/06 1970): 79-81. https://ci.nii.ac.jp/naid/40000191460/.
  • "ハプニングからインター・メディアヘ (映画評論特別講座--ハプニング以後(特集))." 映画評論 25, no. 6 (1968/06 1968): 80-83. https://ci.nii.ac.jp/naid/40000191076/.
  • "何故赤瀬川原平か? (窓(建築・空間・人間-8-))." SD, no. 70 (1970/08 1970): 44-46. https://ci.nii.ac.jp/naid/40000042455/.
  • "木村恒久--"イメージ公害"にたち向かう (表現と暴力--芸術は無力か(特集))." 美術手帖, no. 326 (1970/04 1970): 56-61. https://ci.nii.ac.jp/naid/40003236830/.
  • "百花斉放・60年代初期 (集団の波・運動の波--60年代美術はどう動いたか(特集))." 美術手帖, no. 347 (1971/10 1971): 47-74. https://ci.nii.ac.jp/naid/40003237160/.
  • "芸術と環境に関するコラージュ (環境科学への課題-3-(特集))." SD, no. 75 (1971/01 1971): 43-46. https://ci.nii.ac.jp/naid/40000042546/.
  • "芸術の地殻変動--Expoからヒッピーまで." 美術手帖, no. 289 (1967/11 1967): 98-109. https://ci.nii.ac.jp/naid/40003239455/.
  • "芸術の環境化とは何か--アンディ・ワーホールが開示した領域 (デザインをささえるもの(特集))." デザイン批評, no. 8 (1969/01 1969): 26-32. https://ci.nii.ac.jp/naid/40002490728/.
  • "近代の崩壊--近代芸術における否定の原理の崩壊 (非芸術化過程の芸術(特集))." SD, no. 56 (1969/07 1969): 107-13. https://ci.nii.ac.jp/naid/40015745514/.
  • "遊戯的な空間--時間のない場所への旅行(子供と遊びと遊びの場を考える-2-)." SD, no. 90 (1972/03 1972): 86-90. https://ci.nii.ac.jp/naid/40000042788/.
  • "邦千谷--日常的な,あまりに日常的な (肉体と情念--変貌する舞踊家たち(特集))." 美術手帖, no. 328 (1970/06 1970): 90-93. https://ci.nii.ac.jp/naid/40003236874/.
  • "音楽と言語--記述された音楽と演奏された絵画との間 (デザインo年--グラフィズム幻像(特集))." デザイン批評, no. 11 (1970/04 1970): 60-67. https://ci.nii.ac.jp/naid/40002490555/.
  • 刀根, 康尚, and 尚嘉 彦坂. "年表・現代美術の50年(1916〜1968)-下-(1955〜1968)." 美術手帖, no. 355 (1972/05 1972): 25-186. https://ci.nii.ac.jp/naid/40003237287/.
  • 刀根, 康尚, and 敏江 柿沼. "ジョン・ケージとレコード (特集 21世紀のための音/音楽ガイド--インターコミュニケーション・ミレニアム・ディスクガイド)." インタ-コミュニケ-ション 10, no. 1 (2001 2001): 116-25. https://ci.nii.ac.jp/naid/40005548260/.
  • 刀根, 康尚, and 哲夫 粉川. "パラメディア・ア-トとは何か--テクノロジ-を超える創造." すばる 13, no. 9 (1991/09 1991): p176-96. https://ci.nii.ac.jp/naid/40004286055/.
  • "特別記事1 寄生するノイズ--「パラ=メディア」の実践." インタ-コミュニケ-ション 11, no. 1 (2002 2002): 121-34. https://ci.nii.ac.jp/naid/40005548318/.
  • その他主な作品は[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 馬場省吾 (2017). “刀根康尚のデジタル・サウンド作品と,ルーツとしての1960年代の作品と思考”. 常盤台人間文化論叢 = Tokiwadai journal of human sciences : 47-68. 
  2. ^ 横浜国立大学情報リポジトリ”. 横浜国立大学. 2019年5月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]