函館駅前バスターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
函館駅前バスターミナル

函館駅前バスターミナル(はこだてえきまえバスターミナル)は北海道函館市に設置されているバスターミナル

概要[編集]

現在のバスターミナルは2004年6月1日供用開始。JR北海道函館駅に隣接しており、発券窓口兼待合室と13ヶ所の乗降場を備えている。函館バス函館帝産バス北都交通北海道バスおよび共同運行各社が乗り入れる。

年表[編集]

  • 2004年6月1日 新バスターミナル供用開始

営業窓口[編集]

のりば[編集]

特に明記が無い場合は函館バスの路線[1]を指す。

その他[編集]

  • 停留所の呼称は、函館バスが「函館駅前」、北都交通とHKBの定期観光路線が「函館駅前定期観光バスターミナル」、高速はこだて号と函館特急ニュースター号が「函館駅前ターミナル」、北海道観光バスの路線バスが「函館駅前」または「函館駅[4]
  • 上記の他、駅前ターミナルに乗り入れない便は、国道278号キラリス函館付近に設置の「函館駅前」バス停や、「松風町」・「棒二森屋前」各バス停で乗降を取り扱う。
  • 旧来のバスターミナルは3ヶ所の島式レーンを備えており、函館市営バスも乗り入れていた。駅舎側から北都交通・函館市営バス・函館バスの3社がそれぞれ専用バスレーンと待合所兼窓口を設置していた。
  • 本ターミナルの道路を挟んで南側、フォーポイントバイシェラトン函館前からは桔梗ハイヤーによる乗合タクシーも運行されており、石川・桔梗・七飯方面への路線が設定されている。深夜時間帯に10便が30分間隔で走り、自宅前など任意の位置で降車できる。なお、利用は予約が必要(デマンド式)で、運賃はゾーン制となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 函館バス時刻表 2017年(平成29年)4月1日改正版 p32
  2. ^ 高速バスしりべし号
  3. ^ 北海道バス「市内路線バス」ウェブサイトより。2017年(平成29年)11月9日運用開始。2017年11月18日閲覧
  4. ^ 北海道バス「市内路線バス」ウェブサイト内に両方の表記があり、統一されていないため。2017年11月18日閲覧