函館江差自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道自動車専用道路(B)
(無料)
函館江差自動車道
国道228号標識
E59 函館江差自動車道
地図
路線延長 約70 km[1]
開通年 2003年平成15年) -
起点 北海道函館市函館IC
主な
経由都市
北海道北斗市上磯郡木古内町
終点 北海道檜山郡江差町
接続する
主な道路
記法
国道5号E5 函館新道
国道278号函館新外環状道路
Japanese National Route Sign 0005.svg国道5号(現道)
Japanese National Route Sign 0227.svg国道227号
Japanese National Route Sign 0228.svg国道228号(現道)
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

函館江差自動車道(はこだてえさしじどうしゃどう、英語: HAKODARE-ESASHI EXPWY[2])は、北海道函館市を起点とし、北海道檜山郡江差町に至る国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路)一般国道228号)である。略称函館江差道(はこだてえさしどう)。

高速道路ナンバリングによる路線番号は、「E59」が割り振られている[3]

事業名[編集]

函館茂辺地道路[編集]

茂辺地木古内道路[編集]

  • 起点:北海道北斗市茂辺地[5]
  • 終点:北海道上磯郡木古内町字大平[5]
  • 延長:16.0 km[5]
  • 規格:第1種第3級[5]
  • 設計速度:80 km/h[5]
  • 道路幅員:暫定12.0 m[5]
  • 車線幅員:3.5 m[5]
  • 車線数:暫定2車線[5]

木古内IC - 江差町[編集]

全線計画中であり事業化されていない。上ノ国町 - 江差町間については、2021年度(令和3年度)から概略ルートおよび構造の検討(計画段階評価を進めるための調査)が行われている[6]

インターチェンジなど[編集]

IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
の距離
BS 備考 所在地
1 函館IC/JCT 国道5号E5 函館新道[注 1]
国道278号函館新外環状道路[注 2]
国道5号(現道)
0.0 渡島総合振興局 函館市
2 北斗追分IC 国道227号 3.4 北斗市
3 北斗中央IC 道道96号上磯峠下線 8.0
4 北斗富川IC 国道228号(現道) 12.6 函館方面出入口のみ
5 北斗茂辺地IC 道道1167号北斗茂辺地インター線 18.0
6 木古内IC 国道228号(現道)
松前半島道路(計画)
34.0 上磯郡
木古内町
計画区間 檜山振興局 檜山郡 上ノ国町
江差町

歴史[編集]

開通予定年度[編集]

路線状況[編集]

車線・最高速度[編集]

  • 車線
    函館IC - 北斗追分ICと北斗富川IC - 北斗茂辺地ICの一部区間、北斗中央IC付近は4車線となっている。
    上記以外の区間は暫定2車線の対面通行。
  • 最高速度
    開通している全区間で70 km/hである。

主なトンネルと橋[編集]

トンネル・橋梁名称 延長 区間 備考
矢不来トンネル 519 m 北斗富川IC - 北斗茂辺地IC
茂辺地高架橋 739 m 北斗富川IC - 北斗茂辺地IC

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
函館IC(/JCT) - 北斗追分IC 11,565 12,381 14,438
北斗追分IC - 北斗中央IC 05,763 06,719 07,698
北斗中央IC - 北斗富川IC 調査当時未開通 03,778 04,747
北斗富川IC - 北斗茂辺地IC 調査当時未開通 03,392
北斗茂辺地IC - 木古内IC 調査当時未開通
木古内IC以南 未開通

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

通過する自治体[編集]

脚注[編集]

[編集]

出典[編集]

  1. ^ 道路事業について”. 国土交通省 北海道開発局 函館開発建設部. 2012年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月26日閲覧。
  2. ^ Japan's Expressway Numbering System (PDF)”. Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism. 2022年4月4日閲覧。
  3. ^ 高速道路ナンバリング路線図(国土交通省)
  4. ^ a b c d e f g h 函館・江差自動車道(一般国道228号)函館茂辺地道路 事後評価結果準備書説明資料 (PDF)”. 国土交通省北海道開発局 (2016年). 2019年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 函館・江差自動車道(一般国道228号)茂辺地木古内道路 再評価原案準備書説明資料 (PDF)”. 国土交通省北海道開発局 (2016年). 2017年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  6. ^ 防災・減災、国土強靭化に向けた道路の5か年対策プログラム(北海道ブロック版)を策定 (PDF)”. 国土交通省. p. 5 (2021年4月27日). 2021年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月4日閲覧。
  7. ^ 函館・江差自動車道 北斗富川IC-北斗茂辺地ICが開通します<通行無料> 平成24年3月24日(土)午後3時開通 (PDF)”. 国土交通省 北海道開発局 函館開発建設部 (2012年2月23日). 2013年1月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月26日閲覧。
  8. ^ E59函館・江差自動車道 茂辺地木古内道路(北斗茂辺地IC〜木古内IC)が令和4年3月26日(土)15時に開通します! (PDF)”. 国土交通省北海道開発局 函館開発建設部 (2022年2月18日). 2022年2月18日閲覧。
  9. ^ 令和2年度全国道路・街路交通情勢調査の延期について (PDF)”. 国土交通省 道路局 (2020年10月14日). 2021年5月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]