函館市交通局8100形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
函館市交通局8100形電車
函館市電8100形8101号車
函館市電8100形8101号車
基本情報
製造所 アルナ車両
主要諸元
軌間 1,372 mm
電気方式 直流600V架空電車線方式
最高運転速度 40 km/h
車両定員 60人(うち座席26)
車両重量 16.5t
全長 12,390 mm
全幅 2,340 mm
全高 3,700 mm
台車 住友金属工業FS77A
主電動機 50kW×2
駆動方式 吊り掛け駆動方式
制御装置 抵抗制御
テンプレートを表示

函館市交通局8100形電車(はこだてしこうつうきょく8100がたでんしゃ)は、2002年に登場した函館市交通局(現在の函館市企業局交通部。函館市電)の路面電車車両である。

概要[編集]

1990年から1997年にかけて800形を車体更新した8000形の設計を基本とし、2002年に部分低床電車として車体更新を行い誕生した車両である。

車体構造[編集]

8000形とは異なり、8100形はバリアフリー化のため台車間の入口扉、車椅子スペース付近がノンステップ化(軌道上高さ350mm)され、中扉には電動スロープが取付けられている。また、主抵抗機及び補助電源ははノンステップ化により機器搭載場所が限られるため屋根上に新製の上で設置された。

部分低床でありながらホームとの段差をなくすほど低床化がなされたが、台車に関しては名鉄モ800形電車のような特殊な台車ではなく種車である800形から流用したものをそのまま使用しており、車内をスロープでつなぐ手法がとれなかった。そのため台車部分と低床部に大きな段差(俗に「ひな壇」とまで言われる)が生まれ、一般の乗客の移動に支障をきたし、段差部分からの転落事故が多発するなどの問題点がクローズアップされ、定員もベースとなった8000形よりも少なくなっている。

製造[編集]

8101が2002年3月にアルナ車両800形807の車体更新により製造され、2002年4月22日に営業運転を開始した。当初は合計4両が製造される予定であったが、2両目以降の製造は行われていない。

増備計画の中止とその後[編集]

一時は増備計画が取りざたされていたが、8100形への車体更新は8101の1両のみの製作で終わっている。原因は前述のとおりである。その後函館市交通局は2006年度からアルナ車両のリトルダンサーC2型による新造超低床車9600形の導入を開始した他、以後の800形の車体更新は再び8000形によって行われることとなり、2012年から製造が再開されている。

運用[編集]

低床電車で運行される列車の時刻は決まっており、9600形との共通運行である。[1][2][3][4]ただし、車両点検などで一般車で運行されることもある。また運行されていても別の時間で来ることも多い。

広告塗装[編集]

函館市電の多くの車両には、車体の全面広告が施されている。8101には「日本放送協会 (NHK)函館放送局」の広告が車体側面に施されている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]