出光万兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出光 万兵衛
Manbe Idemitsu.jpg
生誕 1882年11月9日
日本の旗 日本福岡県
死没 1964年7月16日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1905年 - 1939年
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

出光 万兵衛(いでみつ まんべえ、1882年11月9日 - 1964年7月16日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将。 スポーツキャスターの出光ケイは孫にあたる。

経歴[編集]

福岡県宗像市出身。地主・出光勝兵衛の三男として生れる。旧制東筑中学(現福岡県立東筑高等学校)を経て、1905年11月、海軍兵学校33期)を卒業し、1906年12月に海軍少尉任官。海軍水雷学校高等科を優等で卒業し、第1艦隊参謀などを経て、1916年11月、海軍大学校(甲種14期)を卒業。

以後、水雷学校教官、イギリス駐在、軍令部第1班第2課参謀、兼参謀本部員、軍令部第2班第4課長、給炭艦野島」艦長、「多摩艦長海軍省人事局第1課長、「八雲」艦長、「迅鯨」艦長、海軍通信学校教頭などを歴任し、1930年12月、海軍少将に進級。侍従武官に就任した。在職中、軍縮会議以降宮中に懸念をもたれていた加藤寛治と談判に及び、加藤に今後慎重な行動をとるよう約束させ、内大臣牧野伸顕は出光に信頼を寄せていた[1]。以後第1潜水戦隊司令官などを経て、1935年11月に海軍中将となった。その後、海兵校長、舞鶴要港部司令官などを勤め、1939年3月、予備役に編入された。

戦後、海軍将校のため、公職追放となった[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『牧野伸顕日記』P555
  2. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年19頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 牧野伸顕『牧野伸顕日記』中央公論社、1990年。